今注目のアプリ、書籍をレビュー

0

「チア☆ダン」石井杏奈の本質掴み力。人の心は変えられないけど行動を変えることはできる4話

2018年8月10日 09時45分 ライター情報:むらたえりか
太郎「JETSの子は上手いんですけど、ただそれだけじゃないんですよね。JETSのダンスを見てると、なんかこう胸がジーンと熱くなるというか、励まされるというか、力が湧いてくるんです」
駒子「それが、チア・スピリットっていうんだね」

ついに出た、チア・スピリット!
8月3日(金)放送の金曜ドラマチア☆ダン(TBS系列)第4話。
チアダンスにおいて最も大切な「誰かを応援する気持ち=チア・スピリット」にROCKETSのメンバーや太郎(オダギリジョー)たちが気づいた。そして、元々それを持っていた後輩・芙美(伊原立花)らが加入して、ROCKETSは部員総勢10人となった。
イラスト/Morimori no moRi

THE BLUE HEARTS 「人にやさしく」とチア・スピリット


もともとわかば(土屋太鳳)と同じチアリーダー部にいた芙美は、引っ込み思案な子だ。そんな芙美を心配して、バンドをやっていた父親がTHE BLUE HEARTS「人にやさしく」をよく歌ってくれた。父親は1年前に亡くなってしまったけれど、自分が応援してもらっていたように、この曲で誰かを励ましたいと芙美は思っていた。

そんな芙美のために、わかばは「人にやさしく」でチアダンスを踊ることにする。今まで、自分の「やりたい」という気持ちだけで走ってきたわかばに、チア・スピリットが芽生えた。
誰かを応援するということは、つまり誰かに届けるために見てもらうということだ。やみくもに踊るのではなく、上手い下手だけでなく、相手にとってどう見えるかという視点を持つことができる。そして、それを常に意識しているからJETSは強い。

わかばたちのパフォーマンスを見て感銘を受けた芙美とカンナ(足立佳奈)は、ROCKETSに参加することに。先輩たちの顔色をうかがうばかりだった2人が、一歩を踏み出した。

一方、ROCKETSのメンバーと上手くコミュニケーションを取ることができず、喧嘩ばかりしていた茉希(山本舞香)。
茉希には、中学生の頃に男子の背中をカッターナイフで刺したという噂があった。しかし、それは嘘だった。親友との仲をからかわれた茉希が反発したところ、転んだ男子が自分で自分の腕に刃の出ていないカッターナイフを刺したふりをした。茉希に刺されたと騒ぎ、周りがそれを信じてしまったのだ。

そのせいで人を信じられなくなったという茉希への、汐里(石井杏奈)のスタンスが良い。

汐里「私たちも、裏切ると思う? いいよ、茉希は茉希のペースで。

ライター情報

むらたえりか

ライター/PR企画者。宮城県出身・女子校育ち。「アオシマ書店」で写真集レビューなどを執筆。ハロプロ、ヒーロー、ベガルタ仙台が好き。

URL:わたしとたのしいくらし

「「チア☆ダン」石井杏奈の本質掴み力。人の心は変えられないけど行動を変えることはできる4話」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!