今注目のアプリ、書籍をレビュー

4

「この世界の片隅に」妊娠してなかったすず、代用品ノイローゼに「代用品か…うちもそうなんかね」4話

2018年8月12日 10時00分 ライター情報:大山くまお
こうの史代原作、松本穂香主演の日曜劇場『この世界の片隅に』。太平洋戦争さなかの広島県呉市を舞台に、主人公・すずと周囲の人々が織りなす日常を描く。
原作上巻

先週は原作者・こうのの「ゴッドマーズ」発言が話題を呼んだが、たしかにドラマ版は「戦時下のホームドラマ」として独特のスタンスを保ちつつある。先週放送された第4話のキーワードは「居場所」と「代用品」だった。
原作上巻

子どもを産む「義務」を果たせなければ「居場所」はない?


昭和19年8月、すず(松本穂香)が呉の北條家に嫁いできて半年が経っていた。すずは呉の軍港をスケッチしていたところをスパイ行為だと勘違いした憲兵(川瀬陽太)に見つかって叱責される。戦中はそれだけ自由がない世界だということ。サン(伊藤蘭)、径子(尾野真千子)も一緒に平謝りして、なんとかその場は収まるが、すずはショックで寝込んでしまう。

体調が優れないすずに対し、子どもができたのではないかと言う円太郎(田口トモロヲ)。子どもへの期待より、円太郎へのひんしゅくが少し上回るところが面白い。家の跡継ぎであり、兵士となる男子への期待がとてつもなく大きかった時代の中で、北條家はちょっと変わっているのかもしれない。

結局、すずは妊娠していなかった。栄養不足と環境の変化によるストレスで生理が遅れていただけだったのだ。婦人科からの帰り道、すずは遊郭にいるリン(二階堂ふみ)を訪ねる。妊娠していなかったので家族をがっかりさせるのではないかと率直に語るすず。家族や近所の友人たちにも言えない本音がリンには言えるようだ。

すずは子どもを産むことを「義務」と言う。「出来のええ跡取りを増やさんと、それが嫁の務めいうか、義務じゃろ?」。すずの考え方は、この時代の人の標準的なものだ。「産めよ殖やせよ」は昭和16年に政府が閣議決定した人口政策確立要綱のスローガンである。個人の自由を否定し、「生産性」を高めよ、というものだ。昨今の政治家の発言とも通じるものがある。

「義務が果たせんかったらどうなるん?」と訊くリンに、すずは「居場所がないんかもしれんね」と答える。それに対してリンは笑いながら、

「子どもでも、売られても、それなりに生きとる。誰でも、何か足らんくらいで、この世界に居場所はのうなりゃせんよ。すずさん」

と語りかける。リンのこの言葉は、このドラマが現代のわれわれに向けて発信しているメッセージのひとつ。誰かが考え出した「義務」を果たしていないからといって、つまはじきにされることはない。

ライター情報

大山くまお

ライター。著書に『野原ひろしの名言』『野原ひろしの超名言』(双葉社)、『名言力』(ソフトバンク新書)、『中日ドラゴンズあるある』(TOブックス)など。

URL:Fire Stone and Water

「「この世界の片隅に」妊娠してなかったすず、代用品ノイローゼに「代用品か…うちもそうなんかね」4話」のコメント一覧 4

  • 匿名さん 通報

    現代編、要らないというの同感です。榮倉奈々がなんかムカつく。

    4
  • 匿名さん 通報

    現代編、かなり不評のようですから、このまま無くして良いですよ❗そもそも、原作にも映画にも無いそうですからね。

    3
  • 匿名さん 通報

    >あのとき、一時の気の迷いで変な子に決めんで本当よかった」。夫・周作(松坂桃李)の親戚の言葉を聞いて、すずは心が乱れる。  本人を嫁にとって良かったという誉め言葉なんですけどね。

    1
  • 匿名さん 通報

    少なくとも子供を産む努力はすべきですよね?

    1
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!