今注目のアプリ、書籍をレビュー

1

「高嶺の花」裏切る石原さとみに先手を打った峯田和伸のアクアマリン5話

2018年8月15日 09時45分 ライター情報:寺西ジャジューカ
ネタ振り(伏線の提示)のフェイズが延々続いていた『高嶺の花』(日本テレビ系)。行間を想像して楽しみ続けていたものの、そろそろ……というか、とっくに我慢の限界だった。(関連)
ドラマ「高嶺の花」 オリジナル・サウンドトラック/バップ

ようやく、8月8日放送の第5話からは回収作業に入った模様。

人間関係でも数手先を読む峯田和伸


思わせぶりな場面ばかりなのだが、ずっと気になっていたのは第1話のエンディング。携帯の将棋ゲームでレベル99に到達、しかも勝率が100%に達していた風間直人(峯田和伸)の能力についてだ。

前回のエンディングで、直人は月島もも(石原さとみ)と一夜を共にした。たった一度、体を交わしただけで月島家に招かれる直人。ももは直人に何の相談もないまま、月島流家元の父・市松(小日向文世)に宣言する。
「(直人と)早々に式を挙げるつもりです」
「私にそんなつもり(家元を継ぐ意向)はありません。風間の姓をいただくつもりです」

意図を即座に察知した直人は、ももに合わせる。養子に入るつもりがあるか市松に問われた直人は、はっきり突っぱねたのだ。
「それは……できかねます。しがない店ですが、じいちゃんの代からの自転車屋です。私が潰すわけにいきません」
ももは、自分の思いを汲んでくれた直人に弾けるような笑顔を見せ、“グッ”と親指を立てた。

第5話は目まぐるしい。実の母との秘話を市松から伝え聞いたももは、心変わりした。家元になる決意を固めるのだ。やはり、直人は察する。上機嫌で朝食を作るももの姿に、母・節子(十朱幸代)の教訓を思い出すのだ。
「朝から機嫌がいい女なんて、久々亭主に抱かれた以外ありえないねえ」
「普通にしてたらばれそうだから、ごまかしてんのよ。嘘と裏切りを」

直人はももに指輪を渡した。指輪を見て固まるもも。
もも これって……
風間 人魚の涙から生まれました。
もも アクアマリン……(笑)?

「船乗りに恋した人魚が、叶わぬ恋に流した涙が宝石となった」という伝説が、アクアマリンにはある。全てを察し、なおかつ受け入れる直人。自分との結婚は破綻してもいい、ももが幸せになるならば。その心境がアクアマリンが示している。

自転車日本一周を目指す引きこもり中学生・堀江宗太(舘秀々輝)は、道中で坂東(博多華丸)に出会った。日本一周に挑戦するきっかけを聞いた坂東は、直人の聡明さに感心する。
「その自転車屋さん、面白い人だね。いや、だって君、家にいたらいつかお母さん殺しちゃったろ? 全てが気に入らない、その元凶は母親……って話だもんね。

ライター情報

寺西ジャジューカ

1978年生まれ。ブライアン・ジョーンズとビートたけしと前田日明と大江慎也と有吉弘行と篠田麻里子が好きです。ブライアン・ジョーンズと菅井きんと誕生日が一緒。

URL:Facebook

「「高嶺の花」裏切る石原さとみに先手を打った峯田和伸のアクアマリン5話」のコメント一覧 1

  • 匿名さん 通報

    元ネタが最強伝説黒沢っぽい。恋愛頭脳バトルカイジなのか。

    2
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!