今注目のアプリ、書籍をレビュー

1

最後のインド総督マウントバッテン卿「英国総督 最後の家」単純な美談では終わらない誠実さ

2018年8月15日 09時45分 ライター情報:しげる
なんとなく昔からずっとあの感じであの位置にあると思っている国、インド。しかし、現在のインドは70年ほど前にイギリス領から独立してできた国である。『英国総督 最後の家』は、世界第2位の人口の国がいきなりできるのはめちゃくちゃ大変……というのをわかりやすく教えてくれる。

貴族にして軍人! マウントバッテン卿、最後のインド総督として着任す


『英国総督 最後の家』の主人公は、フルネームだとルイス・フランシス・アルバート・ヴィクター・ニコラス・マウントバッテンという長い名前の貴族だ。「マウントバッテン」という耳馴染みのない名前は、日本で言えば「土御門」とか「姉小路」みたいな感じの苗字である。元々は「バッテンベルグ」というドイツ系の姓だったのだが、第一次大戦時の反ドイツ機運によって「ベルグ」の部分を同じ意味で英訳して「マウント」とし、マウントバッテンとなった……という人だ。

このマウントバッテン卿、貴族の生まれながら若い頃からイギリス海軍で活躍し、中将にまで昇進。第二次大戦が始まった後、ヨーロッパでは駆逐艦に乗り込んで戦い、さらに1941年に太平洋戦争が始まってからは東南アジア方面連合軍最高司令官に就任。主にインドの東側に位置するビルマでの作戦を指揮し、緒戦では日本軍に痛めつけられたものの最終的に攻勢に出て勝利したというタフな軍人でもある。若い頃には皇太子と一緒に軍艦に乗って当時は同盟国だった日本に来たりもしていたが、その後の太平洋戦争では散々な目に遭わされため大の日本嫌いになり、天皇訪欧の際にレセプション出席を最後まで固辞。しかし「軍は政治的裁判に関わるべきではない」という理由で東京裁判は批判していたという、それなりに筋の通った人物だ。

第二次大戦が終わって間もない1947年、マウントバッテンに申しつけられたのがインド総督の任務である。大戦で疲弊し、植民地の面倒を見られなくなったイギリスはインドの独立を決定。戦時中にビルマやインドで戦っていたマウントバッテンなら経験的にも身分的にも適任だろうということで、最後のインド総督として主権譲渡のために派遣されることになったのだ。『英国総督 最後の家』は、そのマウントバッテンが総督官邸にやってくるところから始まる。

使用人は500人、壮大すぎるインド総督官邸


総督官邸は巨大な建物である。なんせただの個人邸ではなく、様々な国の要人が来たり総督が執務に励んだりする立派な行政施設だ。

ライター情報

しげる

ライター。岐阜県出身。プラモデル、ミリタリー、オモチャ、映画、アメコミ、鉄砲がたくさん出てくる小説などを愛好しています。

URL:Twitter:@gerusea

「最後のインド総督マウントバッテン卿「英国総督 最後の家」単純な美談では終わらない誠実さ」のコメント一覧 1

  • 匿名さん 通報

    この人そのものは比較的優秀な軍人で第2次大戦で欧州、アジア両方で司令官をしている。IRAのテロで死んでいるが、大戦時のこともあって嫌日本だったんだろ。

    0
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!