今注目のアプリ、書籍をレビュー

2

韓国民主化をめぐる群像劇「1987 ある闘いの真実」市民VS今年度最強の悪役パク所長

2018年9月13日 09時45分 ライター情報:しげる
すでに韓国では一大ジャンルになりつつある民主化前後の時代を舞台にした映画。『1987 ある闘いの真実』はこのジャンルの傑作である。群像劇でありながら、強烈な悪役の存在によって物語に一本背骨が通っているのだ。

拷問で大学生が死亡! シラを切る警察VS激怒の一般市民!


韓国映画では2003年の『殺人の追憶』など、80年代の民主化前後の時代を扱った映画がコンスタントに作られている。本国で昨年公開された『タクシー運転手』などはその中でもヒットした作品だが、この『1987』も昨年12月に韓国で公開され、一ヶ月あまりで700万人を動員したヒット作だ。

タイトルの通り、この映画は1987年の話。この年は韓国史において重要なタイミングにあたり、ソウルオリンピックの前年かつ、6月民主抗争という運動によって、大統領を大統領選挙団に代わって市民が直接選挙で選ぶことができるようになったという年である。このタイミングで何が起こっていたのか……というのを、生々しく描いたのが『1987』というわけだ。

舞台は1987年1月の韓国。南営洞に位置する警察の対共分室(北朝鮮のスパイや思想犯を取り締まる部署)で、尋問中に一人の男が重体となった。慌てて連れてこられた医者の手当も虚しく、男はそのまま死亡。死んだ男の名はパク・ジョンチョル。ソウル大学に通う学生で、民主化デモのリーダーとの関係を疑われ警察から尋問を受けていた。

尋問中の被疑者が死亡したことを聞かされた対共分室所長のパクは、証拠隠滅のため即座に死体を火葬することを命令。尋問中の被疑者だったため、火葬するためにはソウル地検の許可がいる。しかし地検公安部長のチェ検事は「22歳の学生が心臓麻痺で死亡」という対共分室の申請書を疑い、拷問があったことを確信する。対共分室からの脅しに激怒したチェ検事は、腹をくくってこの一件にあたることを決意。火葬の要求を突っぱね、法律通り解剖で死因を突き止めることを求める。。

さらにチェ検事から後輩検事、後輩検事から中央日報の記者というルートで、「取り調べ中の大学生がショック死」というスクープがリークされる。慌てた警察は記者会見を開き、「机を叩いたら学生が驚いて倒れた」というバレバレの嘘を発表。しかし司法解剖の結果は「水責め中の窒息死」。公安部長をクビになったチェ検事は、この死因も記者のユン・サンサムにわざとリークし、警察による拷問の事実が明るみに出る。

ライター情報

しげる

ライター。岐阜県出身。プラモデル、ミリタリー、オモチャ、映画、アメコミ、鉄砲がたくさん出てくる小説などを愛好しています。

URL:Twitter:@gerusea

「韓国民主化をめぐる群像劇「1987 ある闘いの真実」市民VS今年度最強の悪役パク所長」のコメント一覧 2

  • 匿名さん 通報

    なんでそこまで小沢一郎を下げる?最近週刊新潮も官邸の意を受けて小沢一郎叩きに懸命だがしげる君もいくらか摑まされたのかね?笑

    0
  • 匿名さん 通報

    悪役を作らないと自分たちの自尊心が持たない国民性なのかなあ?悪人を自ら作って懲らしめて、いつまでたっても悪人が必要なのですね。

    0
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!