38

最終回「この世界の片隅に」すずさんの現在に驚愕ラスト!心配したりもしたけれど、これは良いドラマでした

2018年9月17日 10時00分

ライター情報:大山くまお

すずさんは生きていた!
こうの史代原作、松本穂香主演の日曜劇場『この世界の片隅に』が最終回を迎えた。93歳のすずさんが現役のカープ女子として広島カープに声援を送っているラストシーンに驚いた視聴者も多かったと思う。
岡田惠和の筆がノッていた最終回
戦争は終わった。物資の窮乏に悩まされつつも、呉の北條家にも明るい笑顔が戻りつつあった。先週放送された第8話まででほとんどの原作のエピソードを消化しており、最終回...

「最終回「この世界の片隅に」すずさんの現在に驚愕ラスト!心配したりもしたけれど、これは良いドラマでした」のコメント一覧 38

  • 匿名さん 通報

    次回は、特高警察官の息子が反日ソングライターになる話をドラマ化してほしい。「俺のような人生をお前は選ぶな」

    1
  • 匿名さん 通報

    2018/09/17 11:19にドラマを語る資格なし!馬鹿は黙って首でも括れ。

    21
  • 匿名さん 通報

    平和を語ると反日になるとはね!キチガイばっかりか。呆れるよなあ。

    54
  • 匿名さん 通報

    父親の罪をファンになすりつけるソングライターが実際にいますよ。名前言わないけど。

    1
  • 盆地 通報

    こっちの世界の節子ちゃんは、すずさんに出会えて本当に良かったね、本当に良かった・・・。 ねんどろいどのすずさんのフィギュア、買っちゃおうかなぁ・・・。

    13
  • 匿名さん 通報

    最後はシラケた。最終回は気がふれた主婦は正常になっていたし、すずさんの生きざまを本人が存命なのに語っていたのは違和感しかなかった。カープ応援シーンは竜頭蛇尾的まるでコメディ。アニメ版の方が良かった。

    5
  • 匿名さん 通報

    平和を壊してくだらない戦争を起こしたのは大日本帝国なんだな。アホくさ

    2
  • ひさと 通報

    全くの同感です。とても辛い物語だけど、未来への光を与えてくれるドラマでした。 でも、気になって仕方がないのは、広島に豪雨災害がなかったとしても同じエンディングだったのでしょうか。

    4
  • 匿名さん 通報

    >「泣いてええよ。我慢せんでええ。ここはあんたの家なんじゃけえ。我慢しとったらおかしゅうなるよ」  名台詞でしたね!

    27
  • 匿名さん 通報

    >うちを、この世界の片隅に、うちを見つけてくれて、ありがとう」  タイトルに繋がりましたね❗❗

    7
  • 匿名さん 通報

    >節子に晴美の服を与える径子を見てまた泣ける。  静かに、タンスに入ってる娘の衣服類を見つめる姿に、ぐっときました❗

    7
  • 匿名さん 通報

    >生きることは食べることだ。  かつての、「ごちそうさん」朝ドラでも、同じことを言ってましたね❗

    17
  • 匿名さん 通報

    >死地から戻ってきた水原哲(村上虹郎)は故郷の海に向かって叫ぶ。  生きてたんですね❗ここで始めてわかりました❗❗

    3
  • 匿名さん 通報

    >劇場版の片渕須直監督が舞台挨拶の際に「すずさんはいま91歳。いまも元気に広島カープの応援していますよ!」と発言したものが元に  監督のリップサービスからの設定なのね!

    6
  • 匿名さん 通報

    >最後の「負けんさんな、広島!」というセリフは、今も災害の復興に取り組む広島の人々に向けられたものだろう。  1995阪神大震災後の「がんばろう神戸」のオリックスみたいなものか!

    6
  • 匿名さん 通報

    11:19のコメントが消されているようだが?

    0
  • 匿名さん 通報

    竜頭蛇尾的シラケ その通りですが、この国は随分と前に、一杯の掛けそば騒動で揺れたあたりから 視聴者の側の質的低下が著しいですから。どんな内容でも感動、感動と…

    1
  • 匿名さん 通報

    カープ女子は節子さんじゃないの?

    1
  • 匿名さん 通報

    『この世界の片隅に』は“不妊=平和”という共通認識が必要な物語である事が先週発売の『平和主義は貧困への道』(著:佐藤健志114ページ~世界の片隅の不都合な真実~飛び去る生殖能力)で考察されてて面白いよ

    0
  • 匿名さん 通報

    スタッフのやさしさがにじみ出た 良いドラマだったと思います。

    10
  • 匿名さん 通報

    戦争反対と唱えているだけでは戦争はなくならない。自国の政府に対して戦争反対なんて叫んだところで、自国以外が自国に戦争を仕掛けてくることを止めることはできない。安倍総理も平和を望んでおられます。

    6
  • 匿名さん 通報

    こんな所にもネットウヨがウヨウヨするようになったか・・・。

    1
  • 匿名さん 通報

    反日ドラマに反日コメント欄。何より広島カープは反日球団! 天誅が下るのを待つ。

    2
  • 匿名さん 通報

    現代の老女はすずさんではありません。 戦争孤児の節子さんですよ。 すずさんは残念ながら生きていません。

    0
  • 匿名さん 通報

    >15:48 >11:54 カープ女子はすず(らしき人)とあらゆる記事に書いてある。節穴すぎるな。

    3
  • 匿名さん 通報

    カープを応援してたのはすずさんじゃなく、節子さんです。

    0
  • 匿名さん 通報

    カープを応援していたのがすずさんじゃなくて節子さんだと主張している人たちがいるみたいだけど、その前に節子さんはカープ応援団の人に「もう来とりますか?」に聞いているんだよなぁ。

    5
  • 匿名さん 通報

    土村芳さんは『べっぴんさん』でも夫が戦地から帰ってくるという、今回のドラマととっても似たシーンを演じていました。ちょっと寂しげな風情があるからそういう設定が似合いますね。

    3
  • 匿名さん 通報

    戦争は悲惨だ。真珠湾を攻撃して戦線を布告したのも、中国を侵略して日中戦争を始めたのも、当時の日本の政府と軍部だ。 二度と戦争を起こさないようにするには、我々国民はどうしたらいいのだろうか。

    1
  • 匿名さん 通報

    93歳のカープ女子はすずではなくて節子ですよ。「そうして私はすずさんと周作さんの子供になったの」というせりふ聞きませんでした?

    0
  • 匿名さん 通報

    香川京子さん演じるカープ女子はすずではなくて節子ですよ。

    0
  • 匿名さん 通報

    最後の最後のプロットまで劇場版の片渕監督の発言をパクっておいてSpecial Thanksの一言ですか。原作者のこうの史代も呆れるわけだよ。

    26
  • 匿名さん 通報

    えっ、香川京子は節子だけど、節子は93歳じゃないし、カープのユニフォームを着てるのは別人(すずさん)なんだけど? 勘違いしてるのはあなた一人だけだよ。

    6
  • 匿名さん 通報

    カープ女子がすずさんか節子さんかの言い争いに決着がついたらしい(笑)

    0
  • 匿名さん 通報

    私はこのドラマとっても好きです。誰一人欠けていてもこのおもしろさは出せなかったのでは?って思うほど密度が濃くて。

    2
  • 匿名さん 通報

    カープ女子になったすずさんを見たかった。どーしても見たい!!!

    1
  • 匿名さん 通報

    カープ女子はすずさんじゃなくて節子だと言い張っていた人たちは全員死滅したのかな?

    1
  • 匿名さん 通報

    阿部改造内閣が発足した今、こんな反日ドラマはもう放送できないだろう

    0
  • 1
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!