今注目のアプリ、書籍をレビュー

5

「西郷どん」37話。視聴率ヒトケタ台に…無念の江戸城無血開城 

2018年10月14日 09時45分 ライター情報:木俣冬
大河ドラマ「西郷どん」(原作:林真理子 脚本:中園ミホ/毎週日曜 NHK 総合テレビ午後8時 BSプレミアム 午後6時) 
第37回「江戸城無血開城」10月7日(日)放送 演出:野田雄介
西郷どん 完全版 第弐集 DVD ポニーキャニオン
10月17日発売

西郷どん 完全版 第弐集 DVD

「西郷、最後の頼みじゃ」


9月30日(日)放送予定だった37話は台風24号の情報のため休止になった。
BSプレミアムでは放送されたが、10月7日、BS でも改めて37話が放送された。
江戸城無血開城という大きな転換点が描かれた回で、それまでいいとこなしだった慶喜(松田翔太)の見せ場もあったので、一週延びたのはちょっと惜しい気もしつつ、カットされたわけではないので、粛々と見た。
だが無念にも視聴率は関東地区では9.9%。
関西では14.0%と悪くない。(ビデオリサーチ調べ)。

江戸城総攻撃の日を3月15日に決めた吉之助(鈴木亮平)は、篤姫こと天璋院(北川景子)と再会した。
天璋院に慶喜の命乞いをされるかと思った吉之助だったが、そうでなく「慶喜殿の首ひとつでこの戦を終わらせてくれ」という意外なものだった。すべては徳川家を守るためだ。

「思えば我らの人生の天変は慶喜どのではじまったのじゃ」
と振り返る天璋院。
島津斉彬(渡辺謙)の命により徳川と深いパイプを持つために奔走した篤姫と吉之助。時代に翻弄された者たちと言えるだろう。
回想シーンの吉之助と篤姫は若い。とりわけ吉之助はずいぶん変わった。演技プランをしっかり立てて着々と実行してきたことを感じる。

「西郷、最後の頼みじゃ」と天璋院。これはダジャレ?
だが吉之助はうるうるした涙で、完膚なきまでに徳川家を打ち砕くと宣言する。
「徳川の名にかけて、私は命をかけて闘うのみです」と天璋院も毅然と言う。
そこで幾島が血を吐く。
「これがほんまに最後のご奉公でございます」と笑った歯に血がついている。お歯黒ならぬお歯赤。
南野陽子、何かと印象に残るように芸が細かい。俳優魂を感じる。
イラストと文/木俣冬

かよわき民と小鳥ぴよぴよ


江戸城総攻撃の前日、吉之助のところに山岡鉄太郎(藤本隆宏)が来て、勝海舟(遠藤憲一)と会ってほしいと呼びに来る。
桜がきれいな背景で、キセルをもって待っている勝。キメキメだ。
「この江戸を戦で火の海にするのをやめてもらいたいんだ」と吉之助に頼む勝。
慶喜は隠居して水戸で謹慎、江戸城を明け渡す、武器も返上するから、寛大な配慮をしてほしいと交渉する。

「いつの世も勝者敗者はあっけなく入れ替わるものだ」
「おまえさんのほどの者が勝者のたしなみをご存知ないわけはないだろう」
ひたすらかっこいい勝に説得されて、「かよわき民」を守ることを思い出す吉之助。

ライター情報

木俣冬

『みんなの朝ドラ』5月17日発売。その他の著書『挑戦者たち トップアクターズ・ルポルタージュ』、『ケイゾク、SPEC、カイドク』など。

URL:Twitter:@kamitonami

「「西郷どん」37話。視聴率ヒトケタ台に…無念の江戸城無血開城 」のコメント一覧 5

  • 匿名さん 通報

    NHKはCM無いんだから視聴率なんかどうだっていいはずだが

    20
  • 匿名さん 通報

    全体的に単純につまらないから、それだけの話し

    14
  • 匿名 通報

    キャスティングに問題あり。 岩倉具視に鶴瓶? 大村益次郎に林家正蔵? こんな場違いで品の無い配役の選択が視聴率の低下を招きました。

    12
  • 匿名さん 通報

    イメージに合わないキャストが多くて、そこから見る気が起きなかった。あと自分は幕末に興味がないというのもある。

    11
  • 匿名さん 通報

    この回はものすごく面白かったのに、どうして視聴率が低かったのかな? NHKだって低視聴率だったら批判されるのは昔から同じ。

    9
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!