今注目のアプリ、書籍をレビュー

3

「音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!」徹底レポ。千葉雄大のああいう色気って…

2018年10月14日 09時45分 ライター情報:まつもとりえこ
映画「音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!」
10月13日に公開記念舞台挨拶が行われ、阿部サダヲ、吉岡里帆、千葉雄大、ふせえり、田中哲司、監督の三木聡が登壇した。
吉岡里帆のお気に入りのセリフは「いーのいーの、ブライアン・イーノ!」。「観た人が、大変なこととかも『ま、いっか。ま、明日から頑張るか!』みたいな気持ちになれるようなものが三木聡さんの作品のなかにはいっぱい散りばめられている。そういうのが顕著に表れてるセリフだなと思うので」
(C)2018「音量を上げろタコ!」製作委員会
配給・制作:アスミック・エース

阿部サダヲ、吉岡里帆、千葉雄大の「ふだん見れない感じが盛りだくさん」


まずは出演者による挨拶から。

阿部サダヲ「今週公開の映画期待度で2位という良い成績をいただいて。1位ではないんですけどね、それがこの映画っぽいっていうか良いなぁっていうか。」
吉岡里帆「映画を撮り出したのちょうど1年前のこの時期で。10月から1ヶ月ほどしっかりリハーサルさせていただいて。実は私劇中でギターと歌に挑戦してまして、それはもう半年前ぐらいから準備をしていたのでこんなに長く時間をかけて撮った映画はない。ほんとにほんとに、思い入れが、とてもとても強いです」
ふせえり「見どころはたくさんあって、ぜひ皆さんにいろんなとこ見て欲しいんですけど。私が言うのもなんですが阿部くん吉岡さん千葉くんとか、ふだんテレビや映画で見れない感じが盛りだくさんなんでそこもちょっと見ていただきたいですね。阿部さんこんなことできるんだとか、アッ千葉くんが……まずいぞソレ……とかって感じなので」

司会「ハイテンション・ロック・コメディで笑いの要素が強い本作ではあるんですけども、実は吉岡さん演じるふうかが阿部さん演じるシンから『やらない理由を探すな。逃げるな』というド直球のメッセージを受け取り運命が変わっていくという成長物語でもあるわけなんですね。ストーリーにちなんで背中を押された言葉を教えていただけますか」

阿部「僕は中学ぐらいの時に同級生のお母さんに『阿部くんはさ、30ぐらいになったら売れるよ!』って言われたんですよ。僕べつに役者やるともなんとも言ってないのに。その時はプロ野球選手目指してたんですけども。それがどっかで引っかかって背中を押されてたのかもしれないですね。それか普通に就職してた時に『おい、ここに<辞表の書き方>って本あるからその通り書け』って言われたのも背中押されたことかもしれない」
司会「それがあってこそ今の阿部さんがいらっしゃるわけですね」
阿部「……主役やってんですもん、びっくりしますよね」

千葉雄大「同業の役者さんから『千葉はさぁ、役じゃない時はほんと色気ないよね』って言われたことがありまして。

ライター情報

まつもとりえこ

イラストレーター。趣味はiPhoneアプリを使ったらくがき。お笑い、音楽、カレーが好き。石川県金沢市出身。

URL:Twitter:@riekokonishi

「「音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!」徹底レポ。千葉雄大のああいう色気って…」のコメント一覧 3

  • 匿名さん 通報

    なんか、韓国の芸能人みたいな行動だね・・

    2
  • 匿名さん 通報

    ブライアン・イーノ知ってるのか?吉岡・・・

    1
  • 匿名さん 通報

    見る前から面白そうだから、後回しになって結局タイミングを逃すってパターンに陥りそうです..

    1
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!