0

福島県天栄村に太陽光発電所を建設、シナネン

2016年7月21日 11時00分 (2016年9月12日 09時03分 更新)
「天栄村ソーラーパーク」
シナネン株式会社は、福島県岩瀬郡天栄村にて建設していた太陽光発電所「天栄村ソーラーパーク」を7月12日に竣工し、同日、竣工式を開催したことを発表した。

「再生可能エネルギーの地産地消」を推進
「天栄村ソーラーパーク」は、大自然を満喫できる大規模複合リゾート「羽鳥湖高原レジーナの森」内の一画を活用して建設され、発電された電力の一部は「羽鳥湖高原レジーナの森」に供給される。

「天栄村ソーラーパーク」の敷地面積は約34,500平方メートルで、最大出力は2.3MW、年間想定発電量は一般家庭約600世帯分の年間消費電力量に相当する2,200MWhを見込んでいる。

「天栄村ソーラーパーク」にて発電された電力は、「羽鳥湖高原レジーナの森」に供給するほか、周辺施設にて使用する「再生可能エネルギーの地産地消」を推進しており、天栄村行政が目指す「再生可能エネルギー導入促進」にも貢献しているとのことだ。

シナネン株式会社では今後も、太陽光発電をはじめとした再生可能エネルギー発電の積極的利用に取り組み、温室効果ガスの削減に貢献していくとしている。

(画像はプレスリリースより)

元の記事を読む

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!