0

船上発電実現への道 エコマリンパワーが特許取得

2016年11月1日 14時30分
船のライフサイクルを革新
持続可能な海上輸送のための革新的テクノロジー&ソリューションを研究・開発するエコマリンパワー株式会社は、CO2排出削減に貢献できるEnergySail(R)技術のコア要素をカバーする特許を取得したと発表した。

これにより関連する技術の商用生産が2018年から可能になり、ソーラーパネルや風力装置などを船舶に搭載することが可能になる新しい技術の実践的な運用に弾みがついた。

独特の再生可能エネルギープラットフォームであるEnergySail(R)は、幅広い船舶で船のライフサイクルに再生可能エネルギー活用の道を見出す画期的な技術だ。

太陽光発電のプラットフォームとして活用
今回エコマリンパワーが取得した特許には、格子構造や機能パネル、突風の負荷を減らす装置を含むデザイン要素が含まれており、これらの要素は風力装置やソーラーパワー装置のプラットフォームとしても使用できるものだという。

低炭素化が進む現代で、低排ガスで持続可能な船舶デザインは海運業界の課題でもあり、風力と太陽エネルギーの両方を利用して船の低燃費低排ガスを実現することは、持続可能社会の構築を実践する上で欠かせないものともいえる。
すでに船社数社がEnergySail(R)に関心を示しており、最初の生産バージョンの製造を、1980年代に硬帆の生産をしていた寺本鉄工所が行っています。

(画像はプレスリリースより)

元の記事を読む

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「船上発電実現への道 エコマリンパワーが特許取得」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!