ミレニアル世代の男性がスマートに生きるための情報を発信

フランス新大統領の24歳差婚から考える日本の恋愛下手問題【勝部元気のウェブ時評】

ライター情報:勝部元気

フランスの次期大統領に選出させたエマニュエル・マクロン氏。極右政党・FN(国民戦線)党首のマリーヌ・ル・ペン氏との決選投票を制し、ポピュリズムによるEU崩壊危機を辛くも防いだということもあって、世界中から安堵の声があがっています。


同じ24歳差でも印象が真逆の米仏大統領



既存二大政党の候補が共に第1回投票で敗退する等、政治的に注目するべきことが多かった今回のフランス大統領選挙でしたが、新大統領に関してはプライベートでも注目されているところがあります。それはパートナーであるブリジット・マクロン氏。彼女は現在64歳とのことで、39歳のエマニュエル氏と24歳8ヶ月差とのことです。

ブリジット氏はエマニュエル氏が15歳の時に通っていた高校の教師だったとのことで、その頃から長年にわたり様々な困難にも負けず己の一途な想いを貫き通しているエマニュエル氏の姿に、好感を覚えた人も多いのではないでしょうか?

ドナルド・トランプ米大統領も現在のパートナー・メラニア氏とは同じく24歳差ですが、3度の結婚を経てパートナーの年齢がおよそ20歳若くなっているわけですから、ありがちな「金と顔の交換」型結婚の典型例で、正反対のイメージだと言えます。

この話を知った時、頭に思い浮かんだのは、『がんばれ元気』(1976年から1981年にかけて『週刊少年サンデー』にて連載)という昔の漫画でした。この漫画のヒロインは主人公が小学4年生だった頃の担任の先生なのですが、それでも年齢差は12歳差という設定であり、24歳8ヶ月差というマクロン夫妻は、まさに現実は小説よりも奇なり。「さすがにアムール(愛)を重視するフランスらしい」としか言いようがありません。


日本の理想的結婚はいまだに「トランプ型」


同じようなことが日本でも起こりうるかと考えると、なかなかイメージが思い浮かばないのが本音でしょう。確かに元女優で参議院議員の三原じゅん子氏も昨年2016年に24歳年下の男性と結婚をしていますが、3度目の結婚ということもあって、どちらかと言えば世間の印象はややトランプ米大統領のイメージに近いように感じます。

そして、「パートナーにする女性は若いほうが良い」という考えも、いまだに根強く残っているように感じます。近年、結婚をする夫婦の年齢差が縮小傾向にあり、昔ほど「女房と畳は新しい方が良い」のような考え方をする人は減ってはいるものの、やはりいまだに女性の若さを異常に賛美する「エイジズム」の傾向が欧米先進国に比べて強いのではないでしょうか。

たとえば、昨年2016年のフジテレビ月9『ラヴソング』も、福山雅治氏(47)と藤原さくら氏(20)の27歳差でした。そして大半の作品はこういう年齢差があっても「珍しい年の差カップル」として扱うわけでもなく、かなり離れた年上男性と年下女性の組み合わせがさも当たり前かのように扱われているわけです。

また、好きな芸能人と言えば、中高生の頃であれば大半が年上の女性をイメージしたものですが、30歳にもなればそのほとんどが年下になります。これは結婚や出産等で活動減少や引退をしてしまう芸能人が多いという理由も影響していますが、逆に多くの男性ファンが「若い女性に乗り換え続けているトランプ型」ゆえに、末永く応援し続けるという需要が無く、年齢を重ねた女性芸能人の活躍の場が減るという背景があるとも言えるでしょう。

ライター情報: 勝部元気

株式会社リプロエージェント代表取締役社長。社会派コラムニスト。1983年東京都生まれ。早稲田大学社会科学部卒。専門はジェンダー論や現代社会論等。民間企業の経営企画部門や経理財務部門等で部門トップを歴任した後に現職。著書『恋愛氷河期』(扶桑社)。所有する資格数は66個。

2017年5月10日 18時15分