ミレニアル世代の男性がスマートに生きるための情報を発信

夫の育休取得が迷惑がられる理由 どうすればうまくいくのか

ライター情報:石原亜香利

画像は本文とは関係ありません

「育児休業」といえば妻というイメージがあるが、近年、育児休業を取得する夫も増えている。厚生労働省の「平成27年度雇用均等基本調査」によれば、男性の育児休業取得率は2.65%になり、平成24年度の1.89%から順調にアップしている。
まだまだ少ないとはいえ、確実に増えつつある夫の育児休業。一方で、妻からすればちょっと迷惑な場合もあるようだ。


夫の育休に対する妻たちからの声


ネット上では、夫の育休に対して、妻からは当然「育児を手伝ってくれて助かる」「夫に育児を任せて外出できる」「ママとパパ両方が家にいるので子供にいい影響がある」などの喜びの声が上がっている。しかし、次のようなマイナスの声も見逃せない。

「いざ取得したら、毎日ジム通い」「何もしないで家にいる」などの大きな子どもが増えただけという声や、「うんちのときのおむつ替えは絶対にやらない」など、育児はするものの、中途半端にやられると逆に迷惑になるという声もあった。

下手に育児休業を数日取るよりも、毎日定時に帰ってきてもらったほうがよっぽど楽、という声すら挙がっている。


夫の育休におけるメリット・デメリット


どうやら夫の育休は、フタを開けてみると、単純に両手を挙げて喜べるものではないようだ。育児情報誌miku編集長で、子育てアドバイザーの高祖常子さんに、ネット上の声についてコメントをもらった。

「育児休業は『休暇』ではなく、育児・家事、ママのサポートのための時間。産後すぐの取得の場合は、ママと育児を一緒にスタートできるというのが最大の利点です。もちろん、ママのほうが赤ちゃんのお世話が上手だと思いますが、パパも経験することが大切です。抱っこやおむつ替えなどは、何度もやることで、だんだん上手になっていきます。あとはママの精神的なケアを意識することが、夫婦にとって大きなメリットになります。
『頑張って数日の育休を取るよりも、定時に帰ってきて欲しい』というのは、確かにたくさんのママたちの声として聞きます。夕方から夜にかけては、赤ちゃんがぐずりやすい時間ですし、夕食の準備などで忙しいこともあり、一番大変な時間なので、毎日、夫に夕方に帰ってきてもらい、一緒に手分けして育児・家事をするのは理想ですね」

関連キーワード

ライター情報: 石原亜香利

ウェブ・雑誌などで執筆するライター。美容・健康・ダイエットネタからビジネス・マネーネタまで、人が知りたい情報をとことん突き詰めてご提供中。

2017年5月29日 21時30分