ミレニアル世代の男性がスマートに生きるための情報を発信

VAIOの顔だった三浦謙太郎が、ソニーを辞めてアメリカで起業しようと思ったわけ

ライター情報:鶴賀太郎

Douzen社CEOの三浦謙太郎氏。ソニーでVAIOやCLIEの商品開発に携わった後、ソニーピクチャーズ、ベンチャー企業を経て同社を起業。

大注目の新ガジェットの開発者とは?


アメリカの大手クラウドファンドIndieGoGoに上がっている一つのプロジェクトにガジェット好きたちの注目が集まっている。

それはHale Orbという写真・動画共有デバイスのプリセールスのプロジェクトだ。

家族のメンバーがFacebookやInstagram、Dropboxなどにアップした動画を、パソコンなどが苦手な高齢者でも簡単に閲覧できるデバイスである。たしかに球体を斜めに切った形状はスタイリッシュで、インテリアとしても格好良い。でも写真を共有するだけなら今でもすでに様々な方法がある。

それにも関わらずHale Orbが注目を集めているのはなぜか? その理由のひとつはその開発者にある。

三浦謙太郎。

ソニーVAIOの日本ローンチ時からの商品開発者であり、VAIOの顔として世界中を飛び回っていた人物だ。Hale Orbはソニーの最後の黄金期を知る三浦がソニーを辞めてシリコンバレーで立ち上げたベンチャーが満を持して送り出した商品なのだ。

花形ポストを捨て、起業へ


タッチスクリーンではなく、往年のソニーのジョグダイヤルを想起させる回転式の操作が手のひらに心地よい。

「本当はタッチスクリーンの方が作り手としては楽で、実動作を伴う操作だとホコリなどが入りやすくて壊れやすいんです。でもデザインとか、実際にコンシューマが手にしてみた時のワクワクどきどき感とか、そういうことを考えながら作るプロセスが身についてしまっているんですね。UX(利用者の体験)を大切にするソニーのいい伝統かも知れません」

そういう三浦だが、Hale Orbのアイディアを持ってソニーを辞めたわけではなかった。2006年にソニーを辞めてから、Hale Orbのコンセプトが出来上がるまでには9年ほどの年月を経ている。ソニーでは、社長に同行して社用プライベートジェットで世界中を飛び回る、誰もが羨むような華やかな仕事をしていた三浦はなぜそのキャリアを捨てシリコンバレーに向かったのだろうか?

ライター情報: 鶴賀太郎

ライター/ウェビナーコーチ。
国内外の著者、映画監督、経営者インタビューを得意とする。オンラインマーケターとして、ウェビナー(ウェブ+セミナー)を活用したビジネス構築もコーチ。

URL:ウェビナー

2017年6月23日 07時45分