ミレニアル世代の男性がスマートに生きるための情報を発信

ネットで出会ったカップルは結婚式で「なれそめ」をどう紹介するのか

ライター情報:石原亜香利


最近ではSNSがきっかけで出会い、結婚する人は約10人に1人いるという調査結果(ブライダル総研「恋愛観調査2014」)がある。しかし、SNSなどのインターネットを介して出会った夫婦は「なれそめ」を聞かれるとちょっとばかり話しにくいこともある。結婚式の披露宴においてはなおさらだ。実際、ネットで出会ったカップルは、結婚式でどのように紹介されているのか。ウェディングプランナーに聞いてみた。

ネットで出会ったカップルはどれくらいいるものなのか


画像はイメージ

今回話を聞かせてくれたのは、ウェディングプランナーの中本典子さん。その過去の経験から、ネットで出会ったカップルはどれくらいいたのか。

「ここ数年、インターネットでの出会いが多いと感じています。出会いのきっかけとしては『SNS』『お見合いサイト・携帯アプリ』『オンラインゲーム』が多く聞かれます。
この3つを合わせると、10組に1組くらいはいらっしゃいます。
この3つのうちで多いのはお見合いサイトです。また、SNSやオンラインゲームなどで、共通の趣味を通して出会い、ご結婚された方もよくいらっしゃいます」

ネットの出会い…なれそめの紹介はどうする?


結婚式では、よく二人の「なれそめ」が紹介されるシーンがある。ネットで出会ったカップルの場合、どのように紹介されるのか。

「『なれそめ』のご紹介は、人それぞれです。ご本人のご意向によって、ご紹介方法が変わります。
基本的には司会者さんとお二人のプロフィールをお伺いしたときに、どのような紹介が良いか確認しながら決めていくことになります。例えば、もともと、周りの方が出会いのきっかけをすでにご存知の場合は、ご本人がSNSで出会ったことを紹介してほしいとおっしゃられて、そのままご紹介することもございます。
また、ネットを通して、趣味をきっかけに出会ったお二人の場合で、出会いのきっかけを詳しくご紹介されたくない方の場合は、例えば『2016年の夏に趣味を通して出会われました』というような形でご紹介をしたりします」

関連キーワード

ライター情報: 石原亜香利

ウェブ・雑誌などで執筆するライター。美容・健康・ダイエットネタからビジネス・マネーネタまで、人が知りたい情報をとことん突き詰めてご提供中。

2017年8月15日 08時00分