ミレニアル世代の男性がスマートに生きるための情報を発信

クラミジア感染11回 性病にかかりすぎて性病検査啓発サイトを始めた男

ライター情報:古澤誠一郎

クラミジア、淋病に、今も一定数の感染者が報告され続けているHIV、そして急増中の梅毒。このような性感染症(性病)については、誰もが一度は保健の授業で習ったことがあるはずだ。

だが、大半の人はその知識はうろ覚え。「もしかして……」と感じる症状が現れたときは、まずはスマホやパソコンで検索する人が大半だろう。

「僕も疑わしい症状が出たときは、やっぱりネットで検索をして、色んなサイトの情報を調べていました」と話すのは、ウェブサイト『性病検査NAVI』の運営者・サイトウさん。サイトウさんはクラミジア10回、咽頭クラミジア1回、淋病2回、ヘルペス1回、ケジラミ1回という恐るべき感染歴を持っており、その経験から性病検査の啓発サイトを立ち上げた……という異色の経歴の持ち主だ。
現在は中国在住のサイトウさん(34歳)。2015年の6月にウェブサイト『性病検査NAVI』を立ち上げた。

「本当に情けないことですが、僕は何度か性感染症を経験する中で、『クラミジアや淋菌などの性感染症は想像以上に簡単に感染する』『こういう行為ではこの性感染症のリスクがある』ということが分かってきました。また、性感染症に対する正しい知識を持っている人も少ないことに気づいたので、自分でサイトを立ち上げることにしたんです」

コンドームを着用してたのにクラミジアに感染したことも


そこまで多く性感染症にかかってしまったのは、サイトウさんがいわゆる風俗遊びが好きだから。結婚をしたことや、「一時の快楽のために性病予防を行わないのは男性のエゴではないか」と気づいたことにより、28歳の頃からはコンドーム着用を徹底しているが、それでもクラミジアに感染したことも。その体験を綴った『【悲報】性病サイトの管理人がクラミジアに感染しましたのでご報告』という記事はネット上でも大きな話題となった。
『性病検査NAVI』のトップページ。「咽頭クラミジア」などの項目は女性にも多く見られているそうだ。

「ちゃんとコンドームを着用して、粘膜接触を徹底的に避けているつもりでも、性感染症に感染してしまうことはあるんです。ちなみに海外の風俗店では、アジアでもヨーロッパでも性感染症に対する意識が高く、オーラルでのプレイ時もコンドームの使用率が高い。その点は日本は危機意識が薄いと感じますね」

関連キーワード

ライター情報: 古澤誠一郎

フリーライター。音楽、サッカー、本、演劇などが好きですが、何でも書いているので自分でも何が専門なのかよく分かりません。

URL:Twitter:@furuseiro

2017年8月17日 11時30分