ミレニアル世代の男性がスマートに生きるための情報を発信

筋肉は世界中で使える武器 海外で活躍したいなら筋トレしろ【Testosteroneの筋肉仕事術】

ライター情報:Testosterone

「筋トレで世の中の悩みはほぼ全て解決できる」と説き、Twitterフォロワーが27万人を超えるマッチョ社長・Testosterone。本連載では、世の中の悩める男性に喝を入れ、筋トレによるライフハックを提案します。

否が応でもグローバル化が進む今、これを読んでいるビジネスマンのなかにも「グローバルに活躍したい」と思っている人は少なくないだろう。ということで、今回のテーマは、「グローバルに活躍するために必要なスキル」だ。


大事なスキル「英語」は当然 「筋トレ」も必須!?


まず、英語が必要であることは言うまでもないだろう。どこの国で働くことになろうと、マネージャークラスになれば英語は「使えて当たり前」という世界なので英語は避けて通れない。そして、もう一つ大事なスキルが「筋トレ」。これはポジショントークではなく実話だ。しかも、筋トレが役に立つ理由はたくさんある。

第一に、コミュニケーションツールとして。人がコミュニケーションをとるときには、言語とは別に非言語的なコミュニケーションも有効となる。例えば、その1つがスポーツだ。試合中は敵対していても、試合後には仲良くなっていたりするだろう? だが、ビジネスの場でスポーツはできない。そこで登場するのが筋トレというわけだ。
筋トレをしていれば、見た目で一発で分かる。筋トレをやっている人はわかると思うが、しっかり鍛えていると「何かスポーツされてました?」と聞かれそこから会話が発展することが多い。そういった会話のなかで筋トレをしていることがわかれば、すぐに仲間意識が芽生える。それは、共通の学校を卒業していたり共通のスポーツを経験していたら抱く謎の親近感のようなものだ。さすがに今から部活を始めるのはシンドいが、筋トレならいつからでも始められる。筋トレさえしておけば「体育会系は苦手だな」という意識持っている人も、驚くほど容易に体育会系の人材と打ち解けることができる。


なぜ世界のエグゼクティブたちは好んで筋トレをするのか?


「そうは言っても、相手が筋トレをやっていなければ意味がない」と思う人もいるだろう。しかし、海外では筋トレが文化として根付いていることが多い。特にアメリカでは街のいたるところにジムがあったり、学校にも筋トレの設備が整っていたりする。海外のエグゼクティブたちは、かなりの確率で筋トレに励んでいることも事実だ。なぜ、死ぬほど忙しい海外のエグゼクティブたちが筋トレに励んでいるのか。実は、ここにもグローバルに活躍したい人が筋トレをすべき理由が隠れている。

まずは、健康管理だ。ビジネスマンは意識しないと運動不足になりがちで、しかも加齢によって身体の代謝も落ちてくる。その点、筋トレは代謝を上げ、アンチエイジングにもつながる。
また、海外への転勤でよくあるのが食生活の乱れ。しかし、筋肉の成長で重視すべき要素はあくまでもイメージではあるが「食事5割:睡眠3割:筋トレ2割」と言われているため、筋トレ好きは食事や生活習慣が乱れるようなことはない。よくアメリカでは「太っている人は出世できない」などと言われるが、筋トレをやっていることで自制心や自己管理のくせもつく。「身体が資本」というのは、スポーツマンだけではなく、誰にだって当てはまる。筋トレはビジネスマンのたしなみなのだ。

そして、筋トレをするとありとあらゆるホルモンが分泌される。例えば、男性ホルモンの一種である「テストステロン」は、闘争心ややる気をアップしてくれる。これはバリバリとビジネスをしていくうえでは必須だろう。

ライター情報: Testosterone

1988年生まれ/日本生まれ米国育ち/アジアのどっかで社長/トライリンガル(日英中)/元総合格闘家/ベストセラー作家/TWITTERフォロワー17万突破/クリスチャン/DIET GENIUS代表/筋トレが好き♡

URL:Twitter:@badassceo

2017年9月27日 17時00分