ミレニアル世代の男性がスマートに生きるための情報を発信

6

「子供を殺してください」という親たち 精神疾患の家族にどう接するべきか

2017年10月30日 08時00分

ライター情報:辺川 銀

日本における精神疾患の患者数はおよそ400万人。30人に1人の割合という高い割合ですが、精神疾患の兆候や症状については、それほど広く知られてはいません。そこで今回は、株式会社トキワ精神保健事務所の創業者で、ドキュメンタリー漫画『「子供を殺してください」という親たち』が注目を集める、押川剛さんにお話を伺いました。

押川剛さん

見落とされがちな精神疾患のサイン


――押川さんは普段どのような活動をされているのでしょうか?

「現在やっていることは、精神疾患の患者さんの中でも病識(自分が病気だという認識)がない方に対して説得を行い、精神科病院などの医療につなげることです。漫画やテレビの取材などでは『精神障害者移送サービス』という部分がクローズアップされることが多いですが、患者さんとの関わりは最初に出会ったときから、彼らが社会復帰し、安心して暮らせるようになるまで続いていきます。
例えばグループホームに入所した患者さんの場合、調子に波があるので、その時々の状態によっては通院治療を拒否することもあります。おおむね3回までなら未受診でも、かかりつけの病院に薬を処方してもらえるのですが、それを越えてしまうと『手に負えない』と退所させられてしまうので、そうなる前に『今回は受診しないと駄目だぞ』ということで話をしに行く、などといった関わり方ですね」

――「精神疾患」という言葉について、具体的にどんな症状が起こるのかはあまり知られていないように思います。押川さんが携わったケースの中で、代表的な症状や病名としてはどんなものがありましたか?

「統合失調症。躁鬱病。薬物依存症。アルコール依存症。最近増えているものでいうと強迫性障害。医療につながったことでそういった診断を受ける患者さんが多いですね。特に統合失調に伴う被害妄想は見落とされがちです。被害妄想というと『宇宙人に狙われている』とか『盗聴器を仕掛けられた』『電磁波を飛ばされている』など、突拍子もないことを言う姿が想像されるかもしれませんが、『隣の人から嫌がらせを受けている』『職場でいじめられている』など、現実でも起こり得るようなことが、実は精神疾患による被害妄想だったというケースもあります。夫婦間でも、夫が忙しさを理由に妻の被害妄想を何年も聞き流していたり、『ふーん、そうなんだ』と曖昧に肯定し続けたりした結果、妄想が固定化してなかなか治りにくくなることがあります。家族の話を日頃からよく、深く聞いて、もしもそこに矛盾があったり、現実的ではない要素が見受けられたとしたら、病気を疑ってみることも必要です」

――日々の変化を見落とさないことが大切なんですね。

「日本ではこれまで精神疾患の具体的な症状を、まったくといっていいほど周知してきませんでした。なので例えば、被害妄想が酷く、明らかに統合失調の症状が出ているひとが、単に引きこもっているだけと捉えられてしまうこともあります。また精神疾患は公衆衛生上の問題にもつながります。何年も引きこもったままお風呂にも入らず、保清を保てないとか、部屋の中がただ散らかっているというレベルではなく、近所に迷惑をかけるほどのゴミ屋敷になっているケースも少なくありません。そうなるとメンタルだけではなく身体の方も病気になっている場合もありますから、命に関わります」

関連キーワード

ライター情報: 辺川 銀

世に出ない声を世に出したい。ライターしながら小説を書いています。

URL:辺川銀と天国の塔

コメント 6

  • 匿名さん 通報

    私の子供も統合失調症と最近、診断がつきました。その子を殺そうとは思いませんが、将来そう思ってしまうかもしれない私を殺してほしいです。

    6
  • 匿名さん 通報

    思わせぶりなタイトルで何が言いたいのでしょうか…端的にまとめれば「コミックス発売中、買ってネ」ですか?

    5
  • 匿名さん 通報

    腕時計からして どこか うさんくさい 

    3
  • 匿名さん 通報

    育てるのが難しいなら「赤ちゃんポスト」に事後を託せる、いずれそんな世の中になるさ

    1
  • 匿名さん 通報

    『「子供を殺してください」という親たち』の漫画読みたい!

    1
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!