ミレニアル世代の男性がスマートに生きるための情報を発信

1

男の娘・大島薫が語る性と恋愛「理想を持ちすぎない方が良い」

ライター情報:辺川 銀


現代の日本人は、性に対してかつてないほど消極的になったと言われています。
そこで今回は、男性でありながらAV女優として活躍した経験があり、「男の娘同士での交際」を公言するなど、「性」というテーマをさまざまな角度から見つめてきた、大島薫さんにお話を伺いました。

理想と恋愛するのではなく、目の前の相手との恋愛を


――セックスをしない若者が増えているそうです。相模ゴムが2013年に行った調査によると、20代の男性は約4割が童貞だというデータが出ています。一方で同アンケートでは、童貞だと回答した男性のうちの7割以上が「セックスをしたい」と回答しています。彼らがセックスをするためにはどうすればいいのでしょうか?

大島:単純に性体験を早く済ませたい、童貞を捨てたいのであれば、あまり純愛を目指すことはせずに早く捨ててしまうに越したことはないと思いますが、こと恋愛をしたいとなるとそうもいきませんよね。ただそれでも、あんまり変に理想を持ちすぎない方が良いなと思います。

――理想を持つことはなぜ良くないのでしょうか?

大島:「自分と恋愛する相手はこうでなければいけない」という理想が強すぎてしまうと、その理想と違った部分が少しでもあったら、もう「この人とは違うな」と思ってしまいますからね。それだとその先の段階になかなか発展しません。自分の理想と恋愛するんじゃなくて、目の前の相手、ひとりの人間と恋愛するという感覚を持てれば良いんじゃないでしょうか。……そういうボク自身も、いま付き合っている恋人のことを、出会った当初は「この人すごい人だ」とある意味で神格化していた部分があったんですけどね。

――実際に付き合っていく中で印象は変わりましたか?

大島:そうですね。実際に付き合っていくと、抜けている部分もありましたし、性格だって「ここちょっと可愛くないな」と思ってしまうところも正直見えてきます。だけどその可愛くない部分や、自分の理想とは違った部分と上手く向き合って、受け入れていくことができたら、より恋愛上手になっていけるというか、恋愛を通して成長することができると思いますね。


「AVがセックスの教科書」問題も、結局はコミュニケーション不足?


――いまはインターネットを通じて誰でも簡単にポルノにアクセスできます。一方で青少年に対して、学校や家庭での性教育は未だ十分に行われていません。その結果、ポルノから得た性の知識しか持っていない男女が、実際のセックスでもポルノのまねをして傷ついてしまうという出来事が後を絶ちません。

大島:これも結局のところ、目の前の相手を見ることができていないから起こる問題ですね。例えばAVで手マンをすごくガチャガチャやっているのを見て「手マンってこんなに激しくやるものなんだ」という間違った知識を植え付けられたとしても、いざ自分がやってみた時に相手が明らかに痛そうな顔をしてたら「これは痛いんだな、嫌なんだな」と分かるのが人間じゃないですか。

――確かに。たとえ間違った先入観を持っていたとしても、自分が大切に思っている相手であればなおさら、表情を見ていれば気付けそうなものです。

大島:たとえ女性が痛みを我慢していたとしてもですよ。それまで普通に生きてきたのなら「痛みを我慢する人間の顔」だって何百回と目にして知ってるはずだし、気付けるはずなんです。にもかかわらずセックスの時だけ気付けないというのは、女性を性器としか見てない、相手のことを見れていないという何よりの証拠ですよ。

――自分がやったことに対して、相手の感じ方をきちんと確認する。セックスに限らずコミュニケーションの基本的な部分ですね。

大島:相手の痛みに配慮できずにセックスしちゃうひとは、コミュニケーションがキャッチボールではなく壁当てになってしまっているんですよ。相手が痛いと言っていても、壁だと思っているから聞く耳を持てない。確かに強引であったり、激しいプレイが好きな女性もいますが、それは「自分が本当に痛がった時、本当に痛みを感じた時にはちゃんと見抜いてくれる」という信頼関係ができているからこそ。そこまで深くコミュニケーションできる段階でそういう行為に及ぶからこそ成立するものですよ。


関連キーワード

ライター情報: 辺川 銀

世に出ない声を世に出したい。ライターしながら小説を書いています。

URL:辺川銀と天国の塔

2017年12月18日 07時50分

コメント 1

  • 匿名さん 通報

    セフレだのソフレだのめんどくさいこと言ってる時点で終わりだよ。この国は。

    0
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!