ミレニアル世代の男性がスマートに生きるための情報を発信

0

副業でオリジナルデニム作り サラリーマン起業をしたリクルート社員の場合

ライター情報:長井雄一朗


厚生労働省は、会社員の副業を解禁する方針を示した。世論は多様な働き方を歓迎する一方、「過労死にもつながる」「会社への忠誠心が薄れる」など賛否両論の意見がある。
しかし、ここ最近になって「副業解禁」をオープンにする会社も現れ、副業の是非よりもその中身と質が問われる時代になった。
リクルートグループは以前より、条件を満たせば、副業を認めている。今回、リクルートマーケティングパートナーズの人事企画を担当する野村由美子氏に同社の副業認可のシステムとその制度設計について、ゼクシィ宮城・山形の営業グループマネージャーであり、実際に副業で通販事業をメインとしながら、デニム加工体験も行っている小野寺永治氏に話を聞いた。
左からリクルートマーケティングパートナーズの野村由美子氏と、ゼクシィ宮城・山形地域営業グループマネージャーの小野寺永治氏


イノベーションの芽を出すための副業認可


――御社の副業認可の制度から伺います。
野村由美子(以下 野村) 弊社は約1,400人の従業員がおります。そのなかで副業をしているのは約70名です。副業申請制度があり、月に1回に承認の是非作業を行っています。もちろん、すべてが承認されることではありません。条件付で了承します。例えば、ほかの会社と雇用契約を結んで働くというのは、基本的にNGです。もう一つは同業他社の副業、三つ目は、レアケースではありますが、弊社や子会社と取引をすることも認められません。こうした条件のもと、副業は認められています。

――そもそもなぜ、副業を認めるのでしょうか。
野村 職業選択の自由を認めることは基本的なことである一方、弊社は現在、「働き方改革」に力を入れています。働き方変革を行っていくなかで、生産性を向上し、できた時間で、新しいことに触れ、新しい価値創造につなげていきたいという想いがあります。今、やらなければならない仕事、例えばルーティンワークについては生産性向上により、なるべく圧縮し、早く終わらせ、その空いた時間に、外へ出ましょうと推奨しています。副業を認めることもその一環です。


副業のデニム作りを通して地域の課題解決を図る


――そして、実際に副業されている小野寺さんは、海水を利用したオリジナルデニムの加工体験とサイト運営をしていますが、起業しようとしたキッカケはなんだったのでしょうか?
小野寺永治(以下、小野寺) 私の場合、宮城県に勤務し、東日本大震災で大きな被害を受けた気仙沼にルーツがあり、生まれた町に恩返しができないかということで、オリジナルデニム作り、通販ビジネスやイベントの発想が生まれました。
東日本大震災も3年、5年が一つの節目であった時は、なにかとニュースになり、補助金も付与されます。しかし、6年たつと、明らかに若者が、東京や仙台などの大都市へ働きに行き、高齢者の方のコミュニティーも次第にしぼんでいく様子が分ります。
このままでは震災の記憶も風化してしまいますし、気仙沼の町全体も衰退してしまう。町を活性化するためにはどうすれば良いかということを考えた結果、弊社の起業家精神に立ち返って考えたいと思ったことが副業したきっかけです。

――そこでオリジナルデニム作りのビジネスが生まれたのですね。
小野寺 日々身につけるものとしてジーンズという発想が生まれました。気仙沼からスタートしましたが、高知県や神奈川県でもゴミの問題があるなど、各土地の海にはそれぞれ課題があります。これらの地域でのイベントを通じて、海の良さの再認識、そして課題解決に向かってどうあるべきかをみなさんで考えていこうという試みを行っています。
ただ、遠方から気仙沼に来て欲しいと言っても距離的に難しいこともありますので、まずは気仙沼や高知の海で加工したオリジナルデニムのジーンズを通販して、それぞれの海に対する思いを馳せて欲しいと思っています。

――作成方法を教えてください。
小野寺 まず自分のデニムジーンズを一本持ってきていただき、砂や流木を使ってデニムの表面にキズを付け、海水に浸けます。その後、1カ月ほど、天日干しをします。そうすると全体が使い古した感じのデニムになります。ただし、それでは素人が加工したデニムですので、専門家による加工を施して自宅に納品します。

――起業をされていかがですか。
小野寺 生まれた町に恩返ししたいという想いからはじめたので、私はこの仕事でお金儲けをすることが主な目的ではありません。大きな利益を得ているのではありませんが、小さいレベルでの黒字は続いています。

関連キーワード

ライター情報: 長井雄一朗

建設業界30年間勤務後、アーリーリタイヤで退職。フリーで建設・経済・政治・外国人労働者・中国・韓国について執筆。働き方改革は執筆テーマの1つ。ワイフとともに、日本や海外旅行を満喫。好きな言葉は「私の人生これからだ」

URL:Twitter:@asianotabito

2017年12月17日 08時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!