ミレニアル世代の男性がスマートに生きるための情報を発信

0

商談で3人に1人がトラブル経験 「体格がよすぎて椅子を破壊」



キャリアデザインセンターは12月7日、「商談・打ち合わせ中の珍トラブル」に関するアンケート結果を発表した。

キャリアデザインセンター「商談・打ち合わせ中の珍トラブル」資料より


20代~60代の男女140人に「商談や打ち合わせの最中に、何かしらのトラブルに見舞われたことがあるか」を質問すると、32.9%が「ある」と回答。3人に1人が何かしらのトラブルに遭遇したことがあるようだ。

商談や打ち合わせで起こりそうなトラブルを「室内環境に関するトラブル」「商談相手に関するトラブル」「自分自身に関するトラブル」の3つに分類してエピソードを聞いた。最も多く寄せられたのは「室内環境に関するトラブル」で、その中でもエアコンに関するものだった。次に「商談相手に関するトラブル」の中の「相手が来なかった」に関連するもの多く寄せられた。


【室内環境に関するトラブル】


「エアコンの設定温度が高すぎて、出席者全員が眠くなった」
■対処法:「途中で誰かが言い出せばよかった。会議が始まる前に事前に空調の設定温度を確認しておくべきだった」(20代男性/事務・管理部門系職種/IT・通信業)

「夏の暑い日。入った部屋があまりに寒く、そしてとても冷たいコーヒーを出していただいて……上司と2人で商談中にトイレを借りる始末に」
■対処法:「夏といえど、室内での防寒対策はしっかりと。そして部屋が寒かったら冷たいものは飲まない。これはあとで反省会で出された実際の案です」(20代女性/企画・マーケティング系職種/商社)

「突然来社された取引先の応対中に、隣の部屋で社員の営業成績を叱責する専務の怒声が飛び交っていた。

関連キーワード

2017年12月12日 12時05分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!