ミレニアル世代の男性がスマートに生きるための情報を発信

婚活プロフィール写真はどれだけ重要? 4人に1人は紹介文より写真を重視


パートナーエージェントは12月11日、婚活用のプロフィール写真についての調査結果を発表した。

婚活の際にプロフィール写真をどのくらい参考にするか尋ねたところ、「とにかくプロフィール写真で判断する」は21.5%、「紹介文やメッセージがよくなくても写真が良ければOK」は2.5%で、4人に1人は紹介文より写真を重視するのが分かった。「総合的に判断する」が最も多く38.5%だった。


印象が良いプロフィール写真については「清潔感がある」が67.2%、「笑顔が素敵」が64.6%で多くの票を集めた。印象の良くないプロフィール写真では「アプリで盛りすぎている」が64.1%でトップだった。同社は「真顔よりも、やわらかい表情の写真の方が好まれるようです」としている。



プロフィール写真を写真館で撮影した人は35.5%で「スマホやデジカメなどで自分で撮影した」(20.5%)、「スマホやデジカメなどで友人・知人に撮影してもらった」(18.5%)「街中の証明写真ボックスで自分で撮影した」(4.5%)など自分で用意した人は計43.5%だった。


写真館で撮ってもらうメリットについて「きちんとした印象の写真になる」が64.6%、デメリットでは「お金がかかる」が45.3%で最も多かった。一方、写真を自分で用意するメリットは「お金がかからない」が64.0%、デメリットは「クオリティが微妙」が28.0%でそれぞれトップだった。



調査は11月9~17日の間、インターネットで独身男女200人を対象に行われた。

関連キーワード

2017年12月11日 16時35分