ミレニアル世代の男性がスマートに生きるための情報を発信

堀江貴文氏、生活保護世帯への進学支援案を批判「税金の無駄遣い」

ライター情報:佐藤尚

堀江貴文 Twitterより。

堀江貴文さんが12月10日、生活保護世帯へ進学支援金を支給する政府の方針をTwitterで批判した。堀江さんが言及したのは朝日新聞デジタルの記事。それによると、生活保護を受ける世帯の子どもの大学や専門学校への進学を支援するため、入学時に一時金を支給する方針を政府は固めた。金額は親元を離れる場合は30万円、同居を続ける場合は10万円という。名称は「新生活立ち上げ費用」。

これについて堀江さんは「既存の大学の枠組みを残すための税金の無駄遣い。優秀な学生には返さなくて良い本当の奨学金がすでに支払われる枠組みがあるんだから、優秀でもない学生がわざわざ行くところではないのに補助金だすとかマジおかしい」とツイートし、すでに給付型の奨学金制度があることを指摘した。



しかし一部ユーザーの中には、“生活保護世帯=優秀じゃない”と受け取った人もいるようで、「なんで生活保護を受けている人は優秀じゃないの?」と疑問をぶつける人が続出。これに堀江さんは「すでに優秀な奴は返さないでいい奨学金もらってるだろって事だよ」と説明している。



堀江さんの投稿を読んだ人からは、「これには同意。今は色々な学び方があるのに無理して大学にいく必要はない」「政府からの補助金でFランの大学行っても就活では有利にならないよな」と賛同の声が上がった。

一方で「塾に行く金もない貧困家庭の子どもが給付型の奨学金貰えるほどの学力をつけるのは難しい」「そもそも学歴社会なのがおかしいけど、実際に“大卒”を採用条件にしている企業があるんだから仕方ない」といった反論も。

関連キーワード

ライター情報: 佐藤尚

好奇心旺盛なフリーライター。

2017年12月12日 17時49分