ミレニアル世代の男性がスマートに生きるための情報を発信

約7割が「寝ながらスマホ」習慣 睡眠負債の調査で明らかに



ニューロスペースは12月13日、20~50代の男女800人を対象とする「睡眠負債」に関する調査結果を発表した。

ニューロスペース「睡眠負債」調査結果より


自身の睡眠に対する満足度を聞いたところ、「まったく満足していない」(46.1%)「あまり満足していない」(11.9%)と、約6割が自身の睡眠に不満を抱えていることが明らかになった。乳児・幼児育児世帯、シフト勤務者においては、約7割が自身の睡眠に不満を抱えており、深刻な問題であることがわかる。
具体的な睡眠の悩みを聞くと、最も多く挙げられたのは「夜中に目が覚める」(32.5%)だった。次に「寝つきが悪い」(30.1%)、「朝の目覚めが悪い」(29.1%)が続く。
睡眠時間は全体で7時間未満が67.6%、6時間未満が36.1%と絶対的な確保が不足しているようだ。増減については全体で27.0%が1年前から睡眠時間が減少した、と回答しており、性別・年代問わず睡眠時間の減少傾向が見られる。

ニューロスペース「睡眠負債」調査結果より


また、自身の睡眠に対する満足度において「大変満足している」「満足している」人は、9割近くが仕事等の日中活動に「とても集中して取り組むことができている」と回答。一方で、「まったく満足していない」「あまり満足していない」人は、「まったく集中して取り組むことができない」と回答し、性別・年代問わず同じ傾向が見られた。

ニューロスペース「睡眠負債」調査結果より


では睡眠を妨げる要因は何なのだろうか。最も多かったのは「仕事や外出などによる帰宅時間の遅さ」(31.6%)、次いで「ベッド・布団に入ってからのスマホ」、「起床を早くする必要性(通勤・通学時間がかかる)」(18.1%)だった。

関連キーワード

2017年12月14日 17時20分