ミレニアル世代の男性がスマートに生きるための情報を発信

たかまつなな、芸能界でのセクハラ被害を告白「ギリギリの表明だった」


セクハラや性暴力の被害を告白するハッシュタグ「#MeToo」に賛同した投稿が拡大している。お笑い芸人・たかまつななさんも、芸能界で受けたセクハラ被害をTwitterで告白した。

たかまつさんは12月17日、「高校3年生、憧れの芸能界に入り、驚いたことがあります。楽屋で女芸人の胸を揉む男芸人。カラオケで同期の女芸人の胸を揉む男芸人。その方が私を見て一言。『たかまつは 胸小さいからいいや』 笑いがとれて、美味しいと思ってしまいます」とお笑い芸人から受けたセクハラ体験を投稿した。

その後、「セクハラ被害の声あげると、あげた方が損するんですね...泣き寝入りが楽。笑いとって自分の身を守るんです。こんなしょうもない笑い腹の底からは、笑えるわけないですし」と語り、「この業界で生きていくと決意したので、 ギリギリの表明だったんですがね。これでまだまだ序の口だったり...」と、それよりひどい実態の可能性をほのめかした。 




関連キーワード

2017年12月18日 12時30分