ミレニアル世代の男性がスマートに生きるための情報を発信

19

「ガキ使」がベッキーをタイキック、暴力を笑いにする番組はもう要らない。

2018年1月10日 12時25分

ライター情報:勝部元気


「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!』(2017年12月31日放送)が、不倫騒動への禊という名目で、女性キックボクサーにタレントのベッキー氏の腰を強打させるシーンを放送し、インターネット上で大きな批判が起こっています。

私も実際にそのシーンを見てみましたが、許容範囲を逸脱した暴力行為で、気持ち悪くしかなりませんでした。あと1年ちょっとで平成も終わるのにもかかわらず、いまだにこのような非人間的な行為が公共の電波で笑いになっているような社会の未熟さを正月早々痛感させられて、暗澹たる気持ちになりました。

この暴行を見て笑っている芸人も、スタッフも、視聴者も、スポンサーも、人として「全員OUT」だと思います。


嫌がる女性への暴力をたのしむ男社会の構図


暴力を笑いにするこの番組に対しては、もともと批判的な見方をする人は少なくなかったと思うのですが、様々な批判記事やネットの投稿を見ると、ベッキー氏の一件が大きな批判を浴びることになったのは、以下のような4つの点にあったのだと思います。

(1)ベッキー氏は芸人ではなく女性タレントに過ぎない点
(2)ベッキー氏は仕事が少なくなってしまった立場であり、仕事を選べない弱みに付け込んでいる点
(3)不倫への私的制裁として暴力を正当化している点
(4)若い女性が暴力を受ける姿を年配男性たちが取り囲み笑って楽しんでいる点


とりわけ、被害者がベッキー氏という女性タレントだった点は非常に大きいと思います。もちろん男性の芸人でも暴力の対象となることは本来許されないと思いますが、“体を張る”ことを仕事の一つとして想定している芸人とは明らかに異なり、女性タレントは本来腰を強打されることからかなり“縁遠い”仕事のはずです。

また、キックをしている人こそ女性でしたが、大きな叫び声をあげて嫌がる女性タレントが蹴られ、悶絶している姿を権力あるおじさんたちが笑って楽しむ姿は、女性への暴力で悦に浸る歪んだ男社会の一端としか思えませんでした。まるで彼らのレイプ願望を再現しているかのようです。

「その見方は飛躍し過ぎている」と思う人もいるかもしれませんが、実際にTwitterで検索すると、このシーンに対して、「ベッキーがレイプされているみたいで興奮した」のような投稿をしているアカウントがたくさんヒットします。そういう女性に対する歪んだ暴力欲を持ち合わせている人たちにとって高評価されるような歪んだ表現であることは事実なのです。

これを見て楽しむ視聴者も同罪です。刑法で禁じられているはずの行為を受けて苦しむ女性の姿を見て、楽しめてしまう自分の醜悪さをしっかりと認識してほしいですし、それを恥じて、悔い改めるべきでしょう。


ベッキー氏の「感謝」を真に受けてはいけない


一方で、ベッキー氏は暴行を受けたことを「タレントとして本当にありがたかった」と擁護する発言をしていることから、「本人が了解しているのだから問題無いではないか」という反論もインターネット上で相次いでいます。確かに、暴行罪(非親告罪)に該当する行為も、加害者に甘い人権軽視の日本では法律上「被害者の承諾」が成立してしまう可能性が高いと思われるので、法的には問題無いとされてしまうでしょう。

ですが、仮に彼女が「蹴られて最悪だった!被害届を出したい!」と思っていたとしても、それを口に出して言えるでしょうか? もちろんそんな“空気を読まない言動”は、タレントとしての印象を下げて、さらに仕事を減らされてしまうことでしょう。同調圧力の強い日本の芸能界で生き残りたいと思った際、藁にもすがる思いの彼女ができる答えは一択しかありません。

仮に彼女に選択肢があるとすれば、「タレントとして本当にありがたかった」と言って芸能界に残るか、「蹴られて最悪だった!被害届を出したい!」と言って芸能界を去るかの二択です。もはやそれは「自由な意思による自由な選択」ではないのです。

Twitterでとあるアカウントが「ベッキーの「ありがたい」で真っ先に思い出したのは、虐待を受けた子どもも親をかばうという話です」と投稿をしていましたが、本当にその通りだと思います。本人がどのような意思を表明したかは問題ではありません。タレントが暴行を受けることが笑いになって仕事になる、そういう構造や文化自体が虐待の構造と一致しているから問題なのです。

ライター情報: 勝部元気

株式会社リプロエージェント代表取締役社長。社会派コラムニスト。1983年東京都生まれ。早稲田大学社会科学部卒。専門はジェンダー論や現代社会論等。民間企業の経営企画部門や経理財務部門等で部門トップを歴任した後に現職。著書『恋愛氷河期』(扶桑社)。所有する資格数は66個。

コメント 19

  • 匿名さん 通報

    ライターって、こんなTwitterの呟きレベルの記事で金貰えるの?羨ましいわw

    18
  • 匿名さん 通報

    タイトルで勝部元気ってわかっちゃったわwなんなのこの人

    14
  • 匿名さん 通報

    タイトル → スマダン → 「ああ、勝部か」 → 正解 → 読む気にもならない……この人の支持者って、いるんでしょうか。

    8
  • 匿名さん 通報

    叩いている人は、まさか日本人じゃないよね、半島帰ったほうがいいよ、ここは日本だから

    5
  • 匿名さん 通報

    見ていて気分が悪くなったわ

    5
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!