ミレニアル世代の男性がスマートに生きるための情報を発信

小倉智昭、行司セクハラに「公表する必要あったのか」 古すぎる認識に批判殺到

2018年1月12日 20時27分

ライター情報:HEW

「とくダネ!」公式サイトより。

フリーアナウンサーの小倉智昭さんが、大相撲行司が泥酔してセクハラを働いた問題について、「内々の話で留められなかったのか」と発言。セクハラ擁護ともとれる主張に対して、ネット上で批判が巻き起こった。

公表せず内部で処理すべき問題だった?


日本相撲協会は、現役最高位の行司である立行司・式守伊之助が昨年12月の冬巡業中に泥酔して、10代の行司にキスするなどの行為を働いたことを発表した。1月8日放送のフジテレビ系「とくダネ!」では、この問題が取り上げられたが、小倉さんは「日馬富士の暴行事件があったんで、相撲協会も発表したんだろうけど、なんで内々の話で留められなかったのかな。僕はそう思う」「ここまで公表する必要があったのかと思う」と残念そうに語った。

しかし、笠井信輔アナウンサーは真っ向反論。「相撲協会は公表しないこともできたと思う。それで若手の行司さんが『もみ消されようとしている』と考えたなら、被害届を出したかもしれない。そうなると内々のモンゴル事件と同じような行司事件をやるんですかと。同じ道をずっとたどっていく可能性が出るので、『何とかしなきゃ』と正々堂々と公表した協会側の姿勢は正しいと思う」と公表に至った協会を評価した。

小倉さんは納得いかないようで、「被害届を出すような話なのか。警察に行ったって相手にもしないでしょうし」と反論。また、式守伊之助が立行司という高い位にあったことから、「これが表立ったら、ご本人が引退でもしないと、結びの一番で式守伊之助が土俵に上がったら、絶対に『セクハラー!』って野次が飛びますよ。

関連キーワード

ライター情報: HEW

Happiness/Entertainment/Wonderをお届けします。

URL:Twitter:@HEWcom