ミレニアル世代の男性がスマートに生きるための情報を発信

人手不足の業種、初任給の「上昇傾向続く」キャリアコンサルに聞く就職市場

2018年2月4日 09時00分

ライター情報:石原亜香利


就職売り手市場の中、2018年卒の初任給を高めた企業があったことが調査で分かっている。果たして、全体としてはどのような状況なのか、キャリアコンサルタントに聞いた。

2017年(平成29年)の新卒者初任給の振り返り


近年、初任給は年々、徐々に上がっている。厚生労働省が2017年11月15日に発表した「平成29年賃金構造基本統計調査(初任給)」によると、次の結果になっている。
どの学歴においても、前年を上回った。

(男女計)
大学院修士課程修了 23万3,400円
大学卒       20万6,100円
高専・短大卒    17万9,200円
高校卒       16万2,100円

企業別の初任給のランキング結果(東洋経済オンライン・会社四季報による調査)を見ると、1位は日本商業開発の50.0万円、2位はGCAの37.5万円、3位がグリーンランドリゾートの34.0万円となっていた。1位を抜かせば30万円台がいわゆる「初任給の高い」企業といえそうだ。

2018年卒の初任給


今年卒業・入社する2018年卒の初任給はどうなったのか。やはり今年も引き上げの傾向がみられる。

リクルートワークス研究所の調査
では、2018年卒対象の新卒採用において、大学院卒と大卒の初任給を前年より高めると答えた企業は7.6%となった。業種別で他の業種に比べて高かったのは「流通業(8.7%)」や「建設業(7.9%)」だった。

また、さらに詳しい分類で見ると、「精密機械器具(14.6%)」、「コンピュータ・通信機器・OA機器関連(11.1%、回答社数が少なく参考値)」、「医療・福祉(10.1%)」などが他業種と比べて前年より初任給を高めた。

この2018年卒の初任給の結果に対して、キャリアコンサルタントの橋谷恵氏は次のように話す。

「『人手不足業種』ほど、初任給を高くしないと希望の人材が集まりにくい状況にあるといえます。起業という手段はあるものの、新卒就職を希望する学生はまだまだ多く、会社側は限られた新卒者の中で、必要な採用数を確保しなければならないというところがあります。待遇面などはもちろんですが、それに加えて給与も見直さないと人が集まらないところまで来ていると思われます。

人手不足で、採用した人を教える余裕がない企業ほど、即戦力になれるような人材を希望する傾向がありますが、それは新卒も同じです。『未経験者を育てて一人前にして働き続けてもらう終身雇用』が崩れた今、最初から適正な人数を採用し、早い段階で戦力になることを企業は新卒にも求めます。このことから、2018年卒の初任給が高くなったのは、希望人材確保の競争が過熱した結果だとみています」

関連キーワード

ライター情報: 石原亜香利

ウェブ・雑誌などで執筆するライター。美容・健康・ダイエットネタからビジネス・マネーネタまで、人が知りたい情報をとことん突き詰めてご提供中。

URL:ライター 石原 亜香利の公式ブログ