ミレニアル世代の男性がスマートに生きるための情報を発信

レジで現金を引き出す「キャッシュアウト」 メリットとデメリットは何なのか?

2018年7月19日 16時40分

ライター情報:横山光昭

画像はイメージ

「キャッシュアウト」というサービスを知っているだろうか。店のレジで買い物ついでに現金を引き出せるサービスだ。2018年4月からはイオンでも始まった。既に欧米をはじめとする海外では一般的になっている。

始めたのはJ-Debitで、これは金融期間が発行したキャッシュカードをデビットカードとしてそのまま買い物等の支払いに利用できるサービスだ。日本で最初のデビットカード決済である。決済の仕組みの違いの影響で、VisaやJCBといったクレジットブランドを持ち合わせたデビットカードよりも利用可能店舗が少ないが、この「キャッシュアウト」の導入で、利用者の増大や決済法を導入する店舗の拡大も期待されている。
J-Debitプレスリリースより


レジで現金を引き出せるメリットは?


正直、このキャッシュレス化がうたわれる時代に、現金を便利に引き出せる仕組みなど、需要があるのだろうかと疑問に思っていた。だが、未だ現金決済が80%以上を占めるわが国では、財布の中身に現金をあまり入れず、必要な時にレジから現金を引き出して使うという金銭の扱い方は、「徐々にカード決済へ移行する」前段階としては有効なのかもしれない。

いつもお金を引き出すキャッシュカードで、レジでお金を引き出して使うことを覚え、そのキャッシュカードで支払うことができることもわかれば、次第に「引き出して払う=デビットカードで払う」というようなイメージを持つだろう。そうすると、引き出す手間よりもキャッシュカードで支払おうとする行動が増えるかもしれない。特に今まで現金主義であった人ほど、そのように変わっていけると感じている。

過疎化や高齢化で、ATMに行きにくい人も便利に使えるようにという前提もあるようだが、キャッシュレス化を促進するものの一つになりえると思う。

ライター情報: 横山光昭

(株)マイエフピー代表、mirai talk株式会社 取締役 共同代表。顧客が「現在も未来も豊かな生活を送ることができる」ことを目標に、独自の家計再生・貯金プログラムを用いた指導を展開。再生した家計は1万件以上。書籍・雑誌への執筆、講演も多数。著作は合計88冊、累計270万部となる。

URL:横山光昭 公式ブログ