0

15年で39回監督を交代した名物会長がクラブ売却へ。最高記録は1季で8回交代

2017年2月17日 07時21分 (2017年2月18日 09時05分 更新)

ジェンナーロ・ガットゥーゾ監督(左)とマウリツィオ・ザンパリーニ会長(右)【写真:Getty Images】

[拡大写真]

 イタリア・セリエAの名物会長がまた一人クラブを手放すようだ。16日、イタリア『フットボール・イタリア』が報じている。

 指揮官を頻繁に交代することで有名なパレルモのマウリツィオ・ザンパリーニ会長は3月3日をもってクラブを売却するとみられている。同会長は2002年にパレルモを買収して以来、実に15年で39回の監督交代を行なっている。

 ザンパリーニ会長が最も多く監督交代を行なったのは2015/2016シーズンで、1シーズンの間に8回指揮官を変えている。同氏は当シーズンに解任した指揮官を再び呼び戻すことでも有名で、その2015/2016シーズンにはジュゼッペ・イアキーニ監督とダビデ・バッラルディーニ監督、ジョバンニ・ボージ監督(下部組織監督)が1シーズンで2回監督に就任している。

 強引な経営手法が話題を集めたザンパリーニ会長だったが、イタリア3部が主戦場だったクラブをセリエA常連チームに引き上げた敏腕さも発揮していた。また一人イタリアから名物会長が去ることとなりそうだ。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!