0

“お得意様”から3発のイブラ、ホーム先勝も「俺たちならもっとできるはず」

2017年2月17日 10時11分 (2017年2月19日 02時31分 更新)
ハットトリック達成のズラタン・イブラヒモビッチ

[2.16 EL決勝T1回戦第1戦 マンチェスター・U 3-0 サンテティエンヌ]

 マンチェスター・ユナイテッドに移籍後初のハットトリックを達成したFWズラタン・イブラヒモビッチが、サンテティエンヌ(フランス)戦を振り返った。英『ミラー』が伝えている。

 先発出場したイブラヒモビッチは、前半15分に自身が獲得したFKのキッカーを務め、右足から放たれたシュートは壁に当たってゴールに吸い込まれ、先制点。その後、オフサイドなどでなかなか追加点を奪えなかったが、後半30分にFWマーカス・ラッシュフォードの折り返しを右足で押し込み、2点目。終了間際の後半42分には獲得したPKを自ら決め、ハットトリックを達成し、3-0の勝利に貢献した。

 ユナイテッドの公式ツイッターによると、イブラヒモビッチは今季23点目。さらにサンテティエンヌと過去14試合で17ゴールを記録しており、これはイブラヒモビッチが対戦したクラブから奪った得点としては最多だという。

 イブラヒモビッチは「サンテティエンヌとプレーするときはいつも複数得点をするんだ。今日も複数得点できた。俺たちは良いチャンスをいくつも作っていた。ホームで素晴らしい勝利をあげられたのは重要なことだ。良い状態でセカンドレグに挑むことができるからね。良い試合だったが、俺たちならもっと良いプレーができるはずだ」と試合を振り返った。

「俺たちは勝ったが、短い期間でも物事というのは変わりうるものだ。勝ち続けていくことが重要だ。すべては変わりうる。だが、現時点では喜びを噛み締めているよ。この試合は今シーズンをあらわす決定的な瞬間だ」

●EL16-17特集
●プレミアリーグ2016-17特集

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!