0

子供のサッカーで親同士が乱闘。「恥ずべき」とスペインメディアが非難

2017年3月20日 19時22分 (2017年3月21日 17時05分 更新)

親が乱闘騒ぎ【写真:ディアリオ・デ・マジョルカのスクリーンショット】

[拡大写真]

 子供のスポーツを、大人の暴力が汚してしまった。マジョルカで行われた12~13歳の子供たちのサッカーの試合で起きた問題がスペイン紙『バングアルディア』などで取り上げられ、「恥ずべきことだ」と非難されている。

 トラブルが起きたのは、19日に行われたアラロとコジェレンセが対戦した地域リーグの一戦だ。1人の少年が厳しいタックルに腹を立てて小競り合いになると、ヒートアップしたのはスタンドで見守っていた数人の親たちだった。

 ピッチに下りていった大人たちは仲裁に入るどころか、暴言を連発して殴り合いに発展に。その様子を撮影したツイッターの動画では、小さな子供が泣き叫ぶような声も聞こえ、審判は試合続行が不可能となった。

 結局、警官が止めに入るまで暴力行為はしばらく続いたという。数人が暴力・傷害で告訴したとのことだが、我が子の目の前で醜態をさらしたことが「恥ずべきこと」であり「残念だ」と記事は伝えている。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!