0

マルセロ、レアルでリーガ284試合出場…クラブ歴代20位タイに

2017年3月20日 21時04分 (2017年3月21日 15時10分 更新)
 レアル・マドリードに所属するブラジル代表DFマルセロが、リーガ・エスパニョーラにおける通算試合出場数で同クラブ歴代20位タイに入った。クラブの公式HPが伝えている。

 マルセロは18日に行われたリーガ・エスパニョーラ第28節のアスレティック・ビルバオ戦で先発メンバーに名を連ね、フル出場で勝利に貢献した。

 クラブの公式HPによると、マルセロはリーガ・エスパニョーラで284試合目の出場を記録。元スペイン代表FWフアニート氏の記録に並び、クラブ歴代20位タイとなった。

 マルセロは2007年1月からレアル・マドリードでプレー。加入10シーズン目で、過去に3度のリーガ・エスパニョーラ制覇を果たし、通算20得点を記録している。

 なおマルセロは、レアル・マドリードの外国籍選手におけるリーガ・エスパニョーラの出場試合数で歴代2位となっている。首位は同胞の先輩でポジションも同じ、元ブラジル代表DFのロベルト・カルロス氏。同氏は370試合に出場している。


注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!