0

エヴァートン監督、逮捕のルーニーに警告へ…再度同様の行為なら放出も

2017年9月5日 16時19分 (2017年9月6日 05時00分 更新)
 飲酒運転で逮捕されたエヴァートンの元イングランド代表FWウェイン・ルーニーが、ロナルド・クーマン監督と話し合いの場を持つようだ。イギリス紙『デイリーミラー』が5日付で伝えている。

 ルーニーは9月1日の午前2時ごろ、自宅付近のイギリス北西部にあるチェシャー州で運転をしていたところを地元警察に止められ、取り調べを受けた。その後飲酒運転の容疑が明らかになり、逮捕に至っている。同選手は既に保釈金を支払って釈放されており、18日にストックポートの裁判所に出頭する予定だ。

 同紙はルーニーが5日にもクーマン監督と話し合いの場を持つと報道。指揮官は同選手に対して、再び同様の行為に及んだ場合には移籍リストに入れると警告するという。そして、クラブからの処分も間もなく決まる模様だ。同紙によれば、ルーニーには32万ポンド(4540万円)の罰金が科されるといい、これは同選手のおよそ2週間分の給与に該当する。

 今夏の移籍市場で古巣への帰還を果たしたばかりのルーニーだが、厳しい処分を下されることとなりそうだ。


注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!