0

バルサ、CLグループステージで5年ぶり無得点。監督は「決まる時には決まる」

2017年11月1日 19時15分 (2017年11月2日 13時16分 更新)

バルセロナのエルネスト・バルベルデ監督【写真:Getty Images】

[拡大写真]

 現地時間10月31日にチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第4節の試合が行われ、バルセロナはギリシャのオリンピアコスと対戦。アウェイで0-0のドローに終わった。

 FWルイス・スアレスの7本を筆頭に、計19本のシュートを相手ゴールに浴びせたバルサだが、GKシルヴィオ・プロトのファインセーブなどに阻まれて最後まで得点ならず。70%に及ぶボール支配率も活かすことができなかった。

 今季はリーガエスパニョーラの10試合とCLの3試合、コパ・デル・レイの1試合で全てゴールを記録していたバルサだが、レアル・マドリーとのスペイン・スーパーカップ2ndレグ以来公式戦15試合ぶりの無得点。また、CLグループステージでは実に5年ぶりの無得点試合となった。

 バルサがCLグループステージで最後に無得点に終わったのは、2012/13シーズンの最終節ベンフィカ戦(0-0)。その後は27試合連続で少なくとも1点以上を挙げ、計73ゴールを記録していた。

 だがエルネスト・バルベルデ監督は、無得点に大きな問題はないと主張。「ゴールは1cm左や1cm右にずれるだけで決まることもある。ゴールチャンスを作れていればいい。決まる時には決まる」と試合後のコメントをスペイン『アス』紙などが伝えている。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!