0

伊紙、指揮官に採点「0」など酷評。「史上最悪の代表監督」「早く解任しておけば…」

2017年11月14日 19時01分 (2017年11月15日 10時36分 更新)

イタリア代表のジャンピエロ・ヴェントゥーラ監督【写真:Getty Images】

[拡大写真]

 ロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選プレーオフの2ndレグが現地時間の13日に行われ、イタリア代表とスウェーデン代表が対戦。0-0のドローに終わり、2試合合計スコア1-0でスウェーデンがW杯出場権を獲得した。

 2006年大会優勝など4度の世界制覇を誇る強豪国イタリアにとってはまさに悲劇というべき予選敗退。W杯に出場できないのは1958年大会以来60年ぶりという歴史的な異常事態となった。

 イタリア各メディアは、選手たち以上にジャンピエロ・ヴェントゥーラ監督を酷評している。伊紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』は、奮闘した選手たちに対してそれぞれ「5点」や「6点」などの採点をつける一方で、ヴェントゥーラ監督には「3点」をつけた。

「史上最悪の(イタリア)代表監督のひとりとして歴史に残ることになった。コミュニケーションは横柄で、メンバー選びは思いつき任せ。内容もなく、予選突破もなく、何もなし。アーメン」と指揮官は評されている。

『トゥットスポルト』はヴェントゥーラ監督に対し、異例の採点「0」をつけた。「イタリアはスウェーデンから2試合で1点も奪えなかった。だが彼だけの責任ではない。(予選グループで)スペインに敗れたあと、上層部にもっと勇気を持てる者がいさえすれば良かった」と、予選途中での解任を決断すべきだったと論じている。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!