0

「前後半で2枚のユニフォームを着てハットトリック」…英FAカップで珍事

2018年1月17日 21時32分

レディングのヨン・ダディ・ボドバルソン【写真:Getty Images】

[拡大写真]

 イングランド・FAカップ3回戦の3試合が現地時間の16日に行われ、レディングがスティーブニッジに勝利を収めた。この試合で、レディングのアイスランド代表FWヨン・ダディ・ボドバルソンが前後半で異なるユニフォームを着てハットトリックを達成するという珍しい状況となった。

 イングランド2部のレディングと4部のスティーブニッジは今月6日に対戦して0-0のドローで終了。ホームとアウェイを入れ替えて16日に行われた再試合では、ホームのレディングが3-0の勝利を収めて4回戦へ進んだ。

 レディングの得点は3点ともボドバルソンが記録。だが32分と44分にゴールを決めた時と、64分にゴールを決めた時では着ているユニフォームが違っていた。

 その理由は、前半に両チームが着ていたユニフォームがどちらも白と青を基調としており、識別がやや困難だったことにある。レディングはホームチームであるにもかかわらず、後半からオレンジのアウェイ用ユニフォームを着てプレーすることになった。

 地元紙『レディング・クロニクル』は、「2つの異なるユニフォームを着てハットトリックを達成した初の選手かもしれない」と伝えている。同紙によれば、レディングのユニフォーム担当者は前半のうちにスタジアムから練習場へと向かい、急いでアウェイ用ユニフォームを取ってきたとのことだ。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!