0

頭蓋骨骨折から約1年…ハル・シティの26歳DFが現役引退を決意

2018年2月14日 12時18分 (2018年2月15日 20時14分 更新)
昨年1月22日に頭蓋骨骨折の大けがを負ったライアン・メイソン

 ハル・シティに所属するMFライアン・メイソン(26)が現役引退を決意した。13日、クラブ公式サイトが伝えている。

 トッテナム下部組織出身のメイソンは、2008年にトップチームデビュー。しかし、ミルウォールなどへのレンタル移籍を経て、2016年8月にハルに完全移籍していた。そして、昨年1月22日に行われたプレミアリーグ第22節チェルシー戦でアクシデントは起きた。

 前半12分、メイソンはゴール前での競り合いでチェルシーDFガリー・ケーヒルと頭を衝突し、ピッチに転倒。意識こそあるものの、酸素吸入器による処置を受けるなど、数分間治療を受けてピッチを後にした。その後、搬送先の病院で頭蓋骨の骨折と診断され、手術を受けていた。

 復帰に向けてリハビリを続けていたものの、医師との話し合いの結果、現役引退を決断した。メイソンは、「ピッチに戻るために一生懸命努力をしてきた。だけど、残念ながら、専門的なアドバイスを受け、怪我のリスクを考慮して引退しなければならなくなった。生命を脅かすような怪我から助けてくれた人々に、永遠に感謝を抱き続けるよ」と感謝の言葉を述べた。
●プレミアリーグ2017-18特集

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!