1

CL敗退のマンU、モウリーニョ監督は切り替えを強調「世界の終わりではない」

2018年3月14日 12時35分 (2018年3月14日 23時13分 更新)
 13日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦セカンドレグで、マンチェスター・U(イングランド)はホームでセビージャ(スペイン)に1-2と敗れ、2試合合計1-2で敗退が決まった。

 ベスト16敗退となったマンチェスター・Uのジョゼ・モウリーニョ監督が試合後、敗戦を振り返った。イギリスメディア『スカイスポーツ』がコメントを伝えている。

 モウリーニョ監督は「インテンシティーがあり、試合の入り方は非常に良かった。ポジティブなものだったと思う。それから10分、15分が経過しても得点を奪えず、セビージャの出来も良くなっていったね」と前半の戦いを振り返り、2点を先行された後半については「前半にも危険な場面はあったが、後半は再び良い入り方ができた。得点チャンスもあった。だがもちろん、先制点というものが試合の方向性を変えてしまうんだ」と話した。

 そしてモウリーニョ監督は「後悔はしていない。私はベストを尽くした。選手たちもそうだ。そして敗れてしまった。これがフットボールだ」と述べ、「大げさなことを言うつもりはない。そんな時間はない。24時間以上も悲しんでいる場合ではないんだ。土曜日(17日)に試合があるのだからね。これはフットボールであり、世界の終わりではない」と、メンタル面の切り替えを強調した。

 マンチェスター・Uは次戦、17日にFA杯準々決勝でブライトンと対戦する。


注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメント 1

  • 匿名さん 通報

    でも、監督の責任でもあるでしょ❗

    1
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!