0

【Jリーグと私】クアイフ(バンド)~名古屋公式ソングからチームの“一員”へ~

2018年3月15日 18時00分
 26年目のシーズンが開幕したJリーグ。昨シーズンから、ネット配信視聴ができるDAZN(ダ・ゾーン)が登場した影響も大きく、サッカー観戦のスタイルはこれまで以上に進化を遂げた。いつ、どこでも、愛するクラブを応援できる、大好きなサッカーに触れられる。日本に根付きつつあるそんなサッカー・カルチャーは、ワールドカップイヤーの今年、ますます加速していくだろう。

『サッカーキング』ではJリーグ、各クラブを愛すると公言する人たちに、その魅力や観戦術などを聞くインタビュー『Jリーグと私』を連載中。第6回に登場するのは、2016シーズンから名古屋グランパスオフィシャルサポートソングを担当し、2018シーズンに第2弾となるサポートソング『未来emotion』を提供する、地元・名古屋で活動中のスリーピースバンド『クアイフ』。2017年11月に、エピックレコードジャパンからメジャーデビューを果たした。

 ボーカル、キーボードを担当する森彩乃さん、ドラムを担当する三輪幸宏さんは、2016年より以前は“サッカー素人”だった。一方でベース、コーラス、プログラミングを担当するバンドのリーダー内田旭彦さんは、グランパスユースで10番を背負ったほどの逸材。日本代表の吉田麻也とは、ジュニアユース時代からチームメートとして切磋琢磨してきた。高校2年で、音楽転身のためにユースを電撃退団した内田さんは、アーティストという肩書きを持って、約10年ぶりにクラブに“帰って”きたのだ。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「【Jリーグと私】クアイフ(バンド)~名古屋公式ソングからチームの“一員”へ~」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!