0

[船橋招待]桐光学園、新1年劇的ループの京都橘とドロー…U-16代表FW西川はさすがの先制弾

2018年3月31日 22時30分
後半アディショナルタイム、京都橘高FW永井友也(新1年)が同点ループ弾

[3.31 船橋招待U-18 桐光学園高1-1京都橘高 タカスポ]

 第23回船橋招待U-18サッカー大会は31日、千葉県船橋市内の2会場で大会2日目を行った。高瀬下水処理場上部運動広場(タカスポ)での第6試合は桐光学園高(神奈川)と京都橘高(京都)が対戦。共にプリンスリーグ上位をうかがう両者の一戦は終盤に点を取り合い、1-1で引き分けた。

 立ち上がりから共にゴールに迫る場面が少ない中で、先にチャンスをつくり出したのは桐光学園だった。前半16分、左サイドを攻め上がったFW佐々木ムライヨセフ(新2年)のクロスに対し、ファーサイドでFW鷲塚蓮(新3年)が頭で落とすと、MF松永陽平(新3年)がシュート。DFに当たったこぼれ球をMF押田莉南(新3年)がダイレクトで狙ったが、GK郷田凪砂(新1年)がしっかりキャッチした。

 対する京都橘はボランチのMF佐藤陽太(新2年)とMF志知遼大(新2年)がセンターサークル付近でスペースを探しながら、高い位置を取る両サイドバックへの展開で前進をもくろむ。しかし、ゴール前の局面では桐光学園DF望月駿介(新3年)が中心となって阻止。ともに決定機はなく、スコアレスのまま前半25分を終えた。

 後半は互いに2試合目の消耗も考慮し、複数のメンバーチェンジを敢行。桐光学園はベンチスタートとなっていたU-16日本代表FW西川潤(新2年)を投入した。すると6分、敵陣で前を向いた西川が単独突破から右足シュートでゴールを脅かし、さっそく違いを見せつけた。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「[船橋招待]桐光学園、新1年劇的ループの京都橘とドロー…U-16代表FW西川はさすがの先制弾」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!