0

堂安律の「オランダキャリア」はどうなる? 小野、本田ら先人が残した足跡を辿る

2018年4月26日 14時48分
 ガンバ大阪からフローニンゲンへレンタル移籍していた堂安律が、3年契約で完全移籍を果たした。これまで多くの日本人がプレーしてきたエールディビジの舞台で、堂安はどんなキャリアを築いていくのか。今後の活躍を占う上でヒントになるであろう先人たちの「オランダキャリア」を振り返る。

小野伸二(フェイエノールト)

 浦和レッズでの活躍を評価され、2001年にフェイエノールトへ加入した。初年度から持ち前の技術の高さを披露し、リーグ戦30試合に出場するなど主力に定着。さらにヨーロッパリーグ制覇を経験するなど、輝かしい成績を残して後輩たちにレールを敷いた。

2001-02 リーグ戦30試合3ゴール
2002-03 リーグ戦29試合7ゴール
2003-04 リーグ戦24試合2ゴール
2004-05 リーグ戦25試合7ゴール
2005-06 リーグ戦4試合0ゴール

平山相太(ヘラクレス)

 高校時代に“怪物”と称された平山は、プロキャリアをオランダでスタートさせる。入団先のヘラクレスでいきなり8ゴールをマークするなど存在感を発揮。才能の高さを証明した。しかし、翌シーズンは新監督の信頼を掴めず、ほぼ試合に出ることがないまま日本へ帰国することとなった。

2005-06 リーグ戦31試合8ゴール
2006-07 リーグ戦1試合0ゴール

本田圭佑(VVVフェンロ)

 オランダでの生活は降格という苦い経験から始まったものの、2部に戦いの場を移して状況は一変する。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「堂安律の「オランダキャリア」はどうなる? 小野、本田ら先人が残した足跡を辿る」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!