0

エース2発のアトレティコが6季ぶり3回目のEL制覇!マルセイユは完敗…ベンチの酒井宏は出番なし

2018年5月17日 06時11分
アトレティコ・マドリーが6季ぶり3度目のEL制覇を果たした

[5.16 EL決勝 マルセイユ 0-3 A・マドリー]

 ヨーロッパリーグ(EL)は16日、フランスのパルク・オリンピック・リヨンで2017-18シーズンの決勝戦を行い、日本代表DF酒井宏樹所属のマルセイユ(フランス)とアトレティコ・マドリー(スペイン)が対戦。アトレティコが3-0で優勝を決めた。ベンチスタートの酒井に出番は回ってこなかった。

 フランス勢初のEL優勝を狙うマルセイユは4-2-3-1のシステムを採用。GKは守護神のスティーブ・マンダンダを起用した。最終ラインは酒井がベンチスタートで右SBに攻撃的なDFブナ・サール、CBにはDFアディル・ラミ、負傷中のDFロランドに代わり急造SBを務め続けているMFルイス・グスタボ、左SBにDFジョルダン・アマビィを配置。ボランチにはMFアンドレ・ザンボ・アンギッサ、MFモルガン・サンソンを置き、2列目には右にMFフロリアン・トバン、トップ下にFWディミトリ・パイェ、左にMFルーカス・オカンポスを並べ、最前線にFWバレール・ジェルマンを起用した。

 6シーズンぶり3回目の優勝を目指すアトレティコは、準決勝第1戦で退席処分となったディエゴ・シメオネ監督が引き続きベンチに入れずスタンド観戦に。4-4-2のシステムで、GKにはヤン・オブラク、最終ラインは右からDFシメ・ブルサリコ、DFホセ・ヒメネス、DFディエゴ・ゴディン、DFルーカス・エルナンデスを配置。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「エース2発のアトレティコが6季ぶり3回目のEL制覇!マルセイユは完敗…ベンチの酒井宏は出番なし」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!