0

Jから豪代表入りの2選手がW杯へ意気込み…デゲネクは「最高の気持ち」

2018年6月4日 12時09分
 オーストラリアサッカー協会(FFA)は3日、2018 FIFAワールドカップ ロシアに臨む最終メンバー23名を発表した。明治安田生命Jリーグからメンバー入りした、横浜F・マリノスのDFミロシュ・デゲネクと浦和レッズのFWアンドリュー・ナバウトが、それぞれ意気込みを語っている。

 デゲネクは、横浜FMのクラブ公式HPでコメントを発表。「ワールドカップに出場するために、長い間努力をしてきましたので、最高の気持ちです。この夢が叶ったことは、自分の中で永遠に残る記憶となるでしょう。これからももっと大きな夢に向かって進み続けたいと思います」と語り、メンバー選出に喜びを表した。

 また、ナバウトも浦和のクラブ公式HPにコメントを寄せている。同選手は「ワールドカップに向けたオーストラリア代表に選出され、大変光栄です。ワールドカップという大会に母国を代表して出場できることはサッカー選手として大変名誉なことですし、チームがよい成績を出せるよう全力を尽くしたいと考えています。また、日ごろからサポートいただいている浦和レッズのファン・サポーターのみなさんの期待に応えられるよう、浦和の誇りを背負って戦ってきます。ぜひ、応援してください」とファン・サポーターにメッセージを送った。

 オーストラリア代表は9日に行われるハンガリー代表との国際親善試合を経て、16日のグループステージ第1戦でフランス代表、21日の第2戦でデンマーク代表、そして26日の第3戦ではペルー代表と対戦する。


注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「Jから豪代表入りの2選手がW杯へ意気込み…デゲネクは「最高の気持ち」」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!