0

ブッフォン移籍が破談になる可能性。PSG、6月末までに78億円相当の選手売却必須に

2018年6月14日 11時40分

ジャンルイジ・ブッフォン【写真:Getty Images】

[拡大写真]

 パリ・サンジェルマン(PSG)がFFP(ファイナンシャル・フェアプレー)に抵触した場合、GKジャンルイジ・ブッフォンの移籍が破談となるかもしれない。13日に伊メディア『フットボールイタリア』が報じている。

 昨年夏にバルセロナからネイマールを獲得するなど、大型補強に動いたPSGはFFPに抵触する可能性が指摘されていた。もし、それが認められた場合は欧州サッカー連盟(UEFA)から補強禁止処分を受けるかもしれない。そうなれば、ブッフォンの加入は白紙になるという。

 また、英メディア『BBC』は、FFPを回避するためにPSGが行うべき事柄を報じている。同メディアによると、6月末までに5290万ポンド(約78億1000万円)相当の選手を売却する必要があるようだ。売却候補は主力の中から選ばれることも予想され、ロシアワールドカップに出場している選手が対象になる可能性も。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「ブッフォン移籍が破談になる可能性。PSG、6月末までに78億円相当の選手売却必須に」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!