0

マンU、元10代最高額FWが移籍を希望。代理人が明かす

2018年6月14日 22時04分

アントニー・マルシアル【写真:Getty Images】

[拡大写真]

 マンチェスター・ユナイテッドのFWアントニー・マルシアルが今夏の移籍を希望している。同選手の代理人が、フランス『RMC』に対して語った。

 現在22歳のマルシアルは、2015年にモナコからユナイテッドへ移籍。10代の選手に支払われる移籍金としては当時の史上最高額を更新し、話題となった。

 だが、ジョゼ・モウリーニョ監督の下でスターティングメンバーを外れることが多く、ワールドカップに臨むフランス代表メンバーには入れなかった。そのため、この夏の移籍を希望しているようだ。

 マルシアルの代理人は、「あらゆる可能性を考慮した結果、マンチェスター・ユナイテッドを離れたいと考えている」とコメント。「世界最大級のクラブであるマンチェスター・ユナイテッドが、8ヶ月もかかって合意に至らなかった。ようするに、重要な選手とは考えられていないからだ」と述べている。

 英紙『ガーディアン』は、トッテナムやチェルシーがマルシアルの獲得に動き出すと予想した。イングランドの外からは、ユベントスなどが興味を示している。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「マンU、元10代最高額FWが移籍を希望。代理人が明かす」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!