0

日本代表が狙うべきセネガル撃破へのプランとは? 求められる「対応力」と「応用力」【ロシアW杯】

2018年6月22日 12時47分

昌子源らディフェンス陣の奮起がなければセネガル戦に勝利することはできない【写真:Getty Images】

[その他の写真を見る]

U-19代表から刺激。久保建英らと練習試合

 日本代表は現地時間21日にロシアワールドカップのグループリーグ第2節でセネガル代表と対戦する。グループ内最強との呼び声も高い迫力満点の攻撃陣をいかに食い止め、決勝トーナメント進出への道を切り拓けるか。今こそ必要なのは守備陣の踏ん張りと無失点だ。(取材・文:元川悦子【カザン】)

——–

 19日のロシアワールドカップ初戦・コロンビア戦に2-1で勝利し、グループHの首位に立っている日本。このまま24日の第2戦・セネガル戦で連勝すれば、西野朗監督が第一目標に掲げたベスト16入りが現実味を帯びてくる。

 重要なゲームに向け、日本代表は21日、ベースキャンプ地・カザンで16時から非公開で調整を行った。開始前には高円宮妃久子さまが練習場を訪問。選手たち1人ひとりと握手をかわし、奮闘を労った。

 その後、同時に合宿しているU-19日本代表も混ざって記念撮影が行われ、久保建英ら次世代の代表候補たちも本田圭佑香川真司らと一緒に写真に納まった。

 過去2大会で若手のサポートメンバーが帯同した例はあったものの、次世代の代表候補たちがチームとして練習に加わるのは初の試みだ。この日、右ふくらはぎ打撲で別メニュー調整を強いられた本田の代役として安部裕葵がA代表のサブ組に参加。

 非公開になってからU-19代表と30分の練習試合を行ったという。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「日本代表が狙うべきセネガル撃破へのプランとは? 求められる「対応力」と「応用力」【ロシアW杯】」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!