6

香川真司がスペースの支配者に。日本支えた影のMVP、地味ながら不可欠な戦術的役割【ロシアW杯】

2018年6月25日 11時30分

香川真司【写真:Getty Images】

[拡大写真]

注目されるのは乾や本田だが…

 現地時間24日に行われたロシアワールドカップのグループH第2節、日本代表はセネガル代表と2-2で引き分けた。この試合で2度追いついてのドローに貢献した得点者の乾貴士本田圭佑らに注目が集まりがちだが、影のMVPとも言えるのは、実は香川真司だった。チームに欠かせないタスクをこなす10番の真髄は、セネガル戦で存分に発揮されていた。(取材・文:河治良幸【エカテリンブルク】)

——————————

 セネガル相手に2度リードされながら、2度追いつく形で2-2と引き分けた日本代表。完璧な試合運びだったわけではない。だが、局面のコンタクトプレーやドリブルで一気にボールを運んでくる相手に苦しみながらも、日本の選手たちは冷静に、それでいて野心的に勝利を目指した結果として勝ち点1を得た。

 1得点1アシストの乾貴士や、終盤に値千金の同点ゴールを決めた本田圭佑、乾の1点目をアシストした長友佑都、中盤からゲームを操った柴崎岳、サディオ・マネをゴールシーン以外はほぼ仕事させなかった酒井宏樹など殊勲的な働きをした選手に注目がいくのは当然だ。ところがこの日、目立たないながらもチームの攻守における流れを作っていたのが香川真司だった。彼は試合後、次のように自らのプレーを振り返った。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「香川真司がスペースの支配者に。日本支えた影のMVP、地味ながら不可欠な戦術的役割【ロシアW杯】」のコメント一覧 6

  • 匿名さん 通報

    一流のトッププレイヤーが乱舞するWカップ。川島も、大変だろう。化け物級のシュートじゃ・・・

    2
  • 匿名さん 通報

    昌子に触れられていない、2流記者の2流記事

    2
  • 匿名さん 通報

    ポーランドほど歴史的に大変だった国はないので、日本とポーランドの両方を応援します。

    0
  • 匿名さん 通報

    まぁまぁ、コメントで自己顕示欲満たして頂いているは、有り難い事です。憂さ晴らしでもストレス発散でもいいです。明日からまた頑張ろう。

    0
  • 匿名さん 通報

    18:20 ← なんか、本田がどっかの記事で取り上げられたようなTwitterの呟き方と似てるね。 本心なのか、嫌味なのか、、、、

    0
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!