0

J1広島に豪州リーグ最強ストライカー加入。今季13ゴール、2度の得点王にも

2018年6月29日 22時49分

豪州Aリーグ最多得点記録を持つベサルト・ベリシャがサンフレッチェ広島へ【写真:Getty Images】

[拡大写真]

 サンフレッチェ広島は29日、オーストラリア・Aリーグのメルボルン・ビクトリーからコソボ代表FWベサルト・ベリシャの完全移籍加入を発表した。

 ベリシャはAリーグで最も成功を収めたストライカーとして知られ、同リーグで2度の得点王に輝いた実績を持つ。2017/18シーズンは25試合13得点を記録していた。これまでにリーグ年間優勝に4度輝き、Aリーグの最多得点記録を有している。

 また2006年にアルバニア代表デビューを飾って17試合に出場した実績を持つが、2017年にはコソボ代表として再デビューを果たした。

 2011年から2014年にかけて所属したブリスベン・ロアー時代には、現在横浜F・マリノスを率いるアンジェ・ポステコグルー監督の指導を受けたこともある。3シーズンでリーグ戦69試合に出場して44得点していた。今回の移籍決定前には横浜FM行きの噂も持ち上がっていたが、結局は広島加入となっている。

 前所属のメルボルン・ビクトリーでもリーグ戦102試合に出場して62得点という成績を残していたことからもわかる通り、ベリシャは高い得点能力が魅力のストライカー。ペナルティエリア内で多彩なフィニッシュのパターンを持ち、ゴールを奪う能力に特化している。一方で気性の荒さを問題視されることもあった。

 広島加入が決まった32歳のベリシャは、クラブ公式サイト上で「サンフレッチェ広島でプレーする機会を得ることができ、とてもうれしく思います。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「J1広島に豪州リーグ最強ストライカー加入。今季13ゴール、2度の得点王にも」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!