0

タフすぎるクロアチア…! フランスより1試合多くプレー。決勝までの道のりは?【ロシアW杯】

2018年7月12日 06時43分

クロアチア代表【写真:Getty Images】

[拡大写真]

【クロアチア 2-1 イングランド ロシアワールドカップ準決勝】

 現地時間11日にロシアワールドカップ準決勝が行われ、クロアチア代表はイングランド代表と対戦し延長戦の末に2-1の勝利をおさめた。クロアチアは3試合連続で延長戦を戦っており、決勝戦で戦うフランス代表と比較すると1試合多くプレーしていることになる。

 アルゼンチン代表やナイジェリア代表、アイスランド代表と同組のグループDを1位で突破したクロアチアは、決勝トーナメント1回戦でデンマーク代表と対戦。延長30分間を含めたPK戦の末にデンマークを破り、クロアチアは準々決勝に進出している。

 準々決勝では開催国のロシア代表と対戦。この試合でも、延長30分間を含めたPK戦の末にロシアを下している。そして今回の準決勝。またも延長30分間を含めた合計120分間を戦い抜き、イングランド代表を下して初の決勝進出を果たした。

 決勝戦で対戦するフランス代表は、延長戦を経験せずに90分間で相手を下している。つまり、クロアチアはフランスよりも1試合多くプレーしていることに。タフに戦い抜くクロアチア、果たして現地時間15日に行われる決勝戦は、どのような試合になるのだろうか。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「タフすぎるクロアチア…! フランスより1試合多くプレー。決勝までの道のりは?【ロシアW杯】」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!