0

クロアチアが新たな歴史!! イングランドに劇的逆転で初のファイナルへ

2018年7月12日 05時37分
クロアチアが新たな歴史!! イングランドに劇的逆転で初のファイナルへ

[7.11 ロシアW杯準決勝 クロアチア2-1(延長)イングランド モスクワ/ルジニキ]

 ロシアW杯は11日、準決勝2日目を行い、モスクワのルジニキスタジアムでクロアチア代表イングランド代表が対戦。前半5分にDFキーラン・トリッピアーの得点でイングランドが先制するが、後半23分にFWイバン・ペリシッチのゴールでクロアチアが追い付く。1-1のまま延長戦を迎えると、延長後半4分にFWマリオ・マンジュキッチが決勝ゴールを奪い、クロアチアが2-1の逆転勝利を収めた。同国史上初の決勝進出を果たしたクロアチアは、15日に行われる決勝でフランスと対戦する。

 クロアチアは準々決勝ロシア戦から先発1人を入れ替え、FWアンドレイ・クラマリッチに代えてMFマルセロ・ブロゾビッチを先発起用。一方のイングランドは準々決勝スウェーデン戦から先発の入れ替えはなく、同じ11人がスターティングメンバーに名を連ねた。

 前半5分にいきなり試合を動かしたのはイングランドだった。MFジェシー・リンガードのパスを中央で受けたMFデレ・アリが仕掛け、PA手前でMFルカ・モドリッチのファウルを誘ってFKを獲得。キッカーを務めたトリッピアーが右足から蹴り出したボールは壁に入ったDFデヤン・ロブレン、マンジュキッチの頭上を越えると、鮮やかな軌道を描いてネットを揺らし、スコアを1-0とした。

 攻勢を掛けるイングランドは前半14分、トリッピアーが蹴り出したCKからDFハリー・マグワイアがヘディングで狙うが、シュートはゴール右に外れた。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「クロアチアが新たな歴史!! イングランドに劇的逆転で初のファイナルへ」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!